手芸家のアメリカ暮らし
<< September 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ニット・ソーイング
 このところ、ロックミシンを使ってニット・ファブリックで何か作りたい気分です。春めいてきたせいかな?仕事部屋の、布を収納しているドレッサーには実はけっこうな量のニット・ファブリックが眠っているのです・・・。いくつかは自分で購入したのに、すっかり存在を忘れてしまっていたもの、いくつかは数年前に高校時代の同級生からいただいたものです。その同級生、以前はお嬢さんたちに服を作ってあげていたそうですが、今は大きくなってお母さんの手作り服を着る機会が少なくなってしまい、買っておいた生地がお蔵入りになっていたそうです。一時帰国中の同窓会で久しぶりに会った彼女が、使ってもらえる人に譲りたいから、と実家のほうに送ってくれました。そういうわけで、そのときは日本の生地がつまった段ボール箱とともにアメリカに戻ったのです。今週、そんな生地の中からグレーの水玉模様のニットを使って自分用に五部袖のラグランスリーブ・Tシャツを作りました。手持ちのTシャツ(ラグランではない)で見ごろのラインが気に入っているものをベースにして型紙を作りました。たくさんのソーイング・ブロガーさんたちが、手持ちのシャツを元につくるTシャツのチュートリアルを書いていますので、拙ブログでご紹介するまでもないかと思ったのですが、とても簡単で早くできるプロジェクトなので、次回、ざっとですが私流の作り方をご紹介しようと思っています。












 
HAPPY KNIT SEWING!!
カーディガン「Olinda」完成!!
 ムスメのカーディガン「Olinda」、ようやくブロッキングを済ませついに完成しました。オリジナルのパターンよりボタンの数を増やし(9個!)、ムスメのリクエストにより袖をものすごく長めにしました。ムスメ、なぜだかカーディガンやセーターは袖の長〜いのが好みらしい。そろそろ自分の着るものも好みにうるさくなってきた。この年代のほかの子たちに比べればこだわりは少ないほうだと思いますが、もう、母の選んだものを何でも着る、という時代は終わりみたいです。 さて、ここ北インディアナはどうやら寒さの峠は越えたようで、おととい辺りからぐんと気温が上がってきました。なんと最高気温は10℃前後!!数週間前に-20℃が続いたことを思えば、なんという暖かさ!!(冗談抜きで、晴れの日の10℃は暑いとすら感じる!)降り積もった雪が徐々に溶けて軒の氷柱から水が滴るのを見るのはうれしいです。一方、ムスメにこのカーディガンを着てもらいたいので、あまり急に暖かくなってもらっちゃ困る!という気分もあります
ラベリー
のこのカーディガンのプロジェクトページはこちらです。(ご覧になるにはアカウントが必要です。簡単にサインアップできますので興味のある方はぜひ。)







モデル風にすまし顔のムスメですが、ふだんはこんな感じ。忍者のごとく跳びまわっています。





いい笑顔、もらいました!(この翌日、乳歯が2本抜けたので、いいタイミングでした。)
HAPPY KNITTING!!

ニッティング
秋から隙間の時間を使って編んでいたムスメのカーディガンが、先週やっと完成しました!改めて数えてみたら、なな、なんと5ヶ月もかかってしまったことを知り、少々ショックをうけました!原稿や作品の締め切りやら、年末年始のいろいろやらあるので、のんびり時間のある時だけ編もう、とは思っていたのですが、5ヶ月かかるとは思っていませんでした。ここの冬は長く、まだまだ暖かくなるのは先でよかった!と思うのはこんな時だけですね。パターンは Georgie Hallam さんの Olinda。 人気の編み物コミュニティー、ラベリーで見つけました。ラベリーにアカウントをお持ちの方、私のプロジェクト・ページはこちら。まだ、ブロッキングが済んでいないので、完成着用写真もなく、使用糸などの情報も未記入なのですが、終わり次第アップデートしようと思います。このカーディガン、一見するととても複雑そうなのですが、4目6段の模様と裏メリヤス編みをただただ繰り返していくだけなので難しいことはなく、覚えてしまうとリズミカルに編み進めました。ただ、全体が模様編みなので少々根気がいります。しかしながら、ねじれたような模様が少しずつ、長くなっていくのが楽しいアイテムでした。今は、ひとつ完成して、さて、次は何を編もうか、と考えたりパターンを探したり、の楽しい時間です。編まないときは何ヶ月もやらないのですが、いったんはまると中毒になってしまうのが編み物。次は自分用の春夏物をなにか編もうかな、と思っています。(スローペースなので、夏物、と言ったほうがいいかな?)




このカーディガンはトップ・ダウンと言って、衿から編み始め、袖はヨークから直接編みつなぐ仕組みになっていたので、最後のほうになると、すでに編んだ前後身頃をさばきながら袖を編むのが厄介です。袖が長くなってくればなおさら。なので私は、自作のあづま袋(リバーシブルです)に編んだ身頃や袖を入れて、進行中の袖だけを外に出して編み進めました。これだと、袖をぐるぐる編み進めると同時に身頃を回すのも簡単ですし、編まないときの収納にもなっていいのです。あづま袋の作り方はみなさん、もうご存知でしょうが、海外の読者のために、そのうちチュートリアルを書こうかな、と思っています。


ところで、今、新しいマフラーのパターンを作っているところです。もう節分も過ぎ、地域によっては春がそこまで来ているところもあるでしょう。今からマフラーというのも遅すぎるかもしれませんが、ここ北インディアナはまだまだ寒さが続きます。今朝の気温は-7℃。週末には-20℃まで下がる予報です。まだまだ防寒着が欠かせません。地球の反対側ではそろそろ夏も終わり、ですよね。編み物がしたくなる季節も近いはずです。このマフラーは基本的ないくつかのステッチ(編み目)だけを組み合わせています。見た目ほど難しくありません。というわけで、近々、できたら編み図をご紹介したいと思っています。



今日はここまで。みなさま、お元気で楽しい週末をお過ごしくださいね。HAPPY KNITTING!!



 
カクれたハート
カクれたハートシリーズ、最後はこのバッグです。このバッグは少し大きめの刺しゅうのデザインに合わせてサイズもほかの2点と比べて少し大きめ。最初の写真では分かりにくいと思いますが、上品なウール地に刺した刺しゅうのデザインは、不思議な植物のつると小花と葉っぱがハートを形作っています。細いウール刺しゅう糸とスパンコールとビーズの一色刺しゅうです。
















これでバレンタインをテーマにした今年の作品はおしまい。三種三様のデザインのバッグを作るのは楽しい作業でした。どれも確実に一点もの。長めのチェーンを斜めがけにして持つと機能的、なおかつ個性的でおしゃれです。一見、エレガントなイメージのがま口型バッグをカジュアルな斜めがけにするというのが目を引きそう。着用写真がなくてごめんなさい!チャンスがあれば写真を撮ってご紹介しますね。(売り切れて写真を撮るチャンスがないほうがありがたいけど!)

がま口型のバッグって、私世代にはレトロなイメージですけど最近また人気が出てきているような気がします。私が最初に見たがま口の思い出っていうと、祖母が持っていたがま口のお財布でした。確かビーズ編みのお財布でした。玉虫色のビーズで出来ていたのを、なぜだか今でも鮮明に憶えています。孫の私たちにお小遣いだといって、節くれ立った手でそのお財布から小銭を出して渡してくれました。どうしてそんなことを今でも色鮮やかに思い出すのか、よくわかりませんが、遠く離れて暮らしていたために(東京と福島は当時はずっと遠かったのですよ・・・)数年に一度しか会えない祖父母、私がまだ中学生のうちに亡くなった祖父母についての思い出は、今でもとても大切なものなのは確かです。

さて、今日から明日にかけては大雪注意報が出て、すでに20cm以上積もっています。まだまだ雪の勢いは止まりそうになく、明日は市内の学校はすべて休校が決まりました。風は予想されたほど強くはありません(今のところ、ですが)。1年に1,2回のことなら、たくさん雪が降るのは苦痛ではありません。停電したり、事故が起きたり、超低温になったりしなければ、の話ですが。真っ白になった外の眺めはすごくきれいです。

今日も読んでくださってありがとうございました。

カクれたハート
前回に引き続き、カクれたハートシリーズ3作の中から、二つ目をご紹介。この十字(クロス)模様のインテリア・ファブリックを使い、クロスステッチで少し遊んでみました。これはギンガムチェックにステッチを入れて模様作り出す「チキン・スクラッチ」と呼ばれる手法と同じ原理。地模様の中から1色を選び出し(今回の場合はダークブラウン)他の色の部分をステッチ(ここではクロスステッチ)で刺し埋めることで別の模様(ハート)を浮き上がらせて見せるというものです。




バッグの背面には小さめのハートを三つ、縦に並べました。




最後にビーズとラインストーンでキラキラをプラス。控えめながら、大人かわいいバッグになりました。

*******

ここからは現在進行中の別のプロジェクト。針と糸でバラの花を描いています!繊細なペン画風の仕上がりにしたいので、25番刺繍糸一本どりで刺しゅうしています。二本どりにしてみたり、他のいくつかのステッチを試してみたりしたのですが、やはり一本どりでシンプルにアウトラインステッチで描くのが一番私のイメージに近い仕上がりになりそうです。仕上げるのには時間がかかりそうですが、あれこれ試しながら思い通りの仕上がりに近づけていく作業は楽しいものです。(締め切りのある作品では、こうはいきませんけどね・・・・)







ムスメの学校の冬休みが終わって3週間が過ぎ、今週からバレエの春学期が始まりました。ニナは学校の学芸会(って今でも言いますかね?)で主役をやらせてもらうことになり、今週から練習が始まります。また忙しい日常が戻ってきました。そうそう、今の住まいに引っ越して以来の課題だったマスター・バスルームの改築にようやっと着手しました。完成したら日本式のお風呂になる予定。冬の間に深い湯船にゆっくりとつかれるようになればいいのですが、どうかなあ・・・・・。

今日も読んでいただき、ありがとうございます。Happy embroidering!!
カクレたハート
 バレンタインデーに向けて、バッグを3点ほど作りました。テーマは「カクレたハート」。今日は、3点の中のひとつをご紹介。…っていうか、このバッグのハートはぜんぜんカクレていませんが・・・。 チェーンは長くしてショルダーバッグやクロス・ボディ(平たく言えば斜めがけ)バッグとして使ってもらえるようにしました。がま口バッグを斜めがけするのは案外かわいくて気に入ってます。(昔々の都電かバスの車掌さん的な雰囲気が出ます。笑)フェルトのアップリケとビーズ、それにウール糸の刺しゅうを組み合わせて刺しました。土台の布はラメ糸を織り込んだヘリンボーンのウールです。













このバッグは地元のビンテージショップで販売中です。うれしいことに12月はバッグが数点売れました。今回は販売点数が少ないけど、ひとつでもお嫁に行ってくれればいいなあ、と願いつつ。
今日もご訪問いただき、ありがとうございます。みなさん、素敵な週末になりますように。Happy Bag Making!!

手作りの贈り物
2014年はサンクス・ギビングが11月の最終週だったのと、12月前半はムスメのバレエ公演の衣装の準備をお手伝いしていたりしたのでクリスマスの贈り物の準備が大幅に遅れてしまいました。気づいたら明日から冬休み、という状態でいつも親子で作っている担任の先生やバスの運転士さんへのプレゼントは間に合いませんでした。かろうじてバレエの先生への贈り物は年内最後のレッスンまでに間に合いましたが、ほかにお世話になった私の友人二人にどうしてもバッグを作って贈りたかったのが、結局年を越してしまいましたが完成し、やっと昨日渡すことが出来ました。

ひとつは和布の端切れをメインにはぎ合わせたパッチワークのハンドバッグ。チェーンの持ち手、がま口仕立てで少しよそ行きの雰囲気にしました。前に作って売れてしまった和布パッチのポシェットが彼女の好みだったことを知っていたので、そのあまり布を組み合わせて使ったところ、とても喜んでもらえました。



もうひとつは古い編みこみセーターをフェルト化した生地を使ったバッグです。アルミパイプでできたバネ式の口金と革の持ち手を使っています。表布がかなりの厚地なのでしっかり強度のあるバッグになりました。口が大きく開くのでものがたくさん入ります。環境に優しい暮らし方を大切にしている人で、古いものを大切に再利用したり、センスよくアップサイクルするのがとても上手。そんな彼女にはこのセーターのアップサイクル(アップ↑してると自負!!)バッグを喜んでもらえると思います。(実は直接手渡しできず、人づてに渡してもらったのでまだ感想を伺っていないのです。)



さて、ここからはムスメとのコラボ。このふたつのポーチはバレエの先生方に差し上げたもので、イニシャルのクロスステッチをムスメが刺しました。なんとこれがムスメにとって初めてのクロスステッチでした。初めてにしては上手に出来ています、よね?





そして最後は、ピアノと歌を教えていただいている先生への贈り物。かわいい黒猫を飼っていらっしゃるので、ネコのクリスマスツリー・オーナメントを作りました。

ムスメがデザインした猫の顔(右)を私がフェルトに刺しゅうしました。もちろん、とっても喜んでいただけましたよ。


できれば全てのプレゼントを手作りできたら、と思いますが、限られた時間の中ではなかなか。。。それでも毎年いくつかは手作りしたいと思っています。特にムスメと一緒に作って、手作りの贈り物の良さを知ってもらいたいな、と思います。しかしながら、手作りの贈り物であまり好みでないものをいただく(差し上げてしまう)のは気まずいものですよね。それだけに、先方が好きなものをあなたがよく知っている場合に限るのがよいかもしれません。みなさんは何か贈り物を手作りされたことはありますか?




今日も読んでくださってありがとうございます。素敵な週末をお過ごしください。
繊細+洗練
こちらは未だ2014年の大晦日ですが、日本はもう明けましたね。
謹賀新年、明けましておめでとうございます。2004年に旧ホームページでウェブ日記を始めて以来、早10年となりました。2014年にはより多くの皆様に拙ブログを読んでいただき、うれしい1年でした。今後も、自分のペースを守りつつ、やりたいこと、作りたいものにどんどんチャレンジしていきたいと思っています。楽しいアイデアや面白い出来事などを皆さんと一緒に楽しんでいけたらな、と思っていますので、引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、長らくお待たせしていましたが、12月の委託販売のために作ったアクセサリーの画像をご紹介します。嬉しいことに、今年のホリデー・セールでは刺しゅうのハンドバッグなどの売れ行きがとても良かったのです。最終的なセールスの結果はいただいていないのですが、今日ご紹介するアクセサリーたちの多くも嫁入りしてくれていればいいなあ。

今年のクリスマス向けには、刺しゅう糸などでマクラメの手法を使ったブレスレットをたくさん作りました。細い糸と小さなビーズ類やヴィンテージのボタンなどを組み合わせたら、とても繊細で洗練されたイメージになりました。






下のレース編みモチーフのネックレスは今シーズンのものではないのですが、雪の結晶やフロスティーカラーの小花などがクリスマスらしいので今年も出しました。


フェルトのブローチ類は早々に売れてしまいました。どんな方が使ってくださっているのかしら。


ハロウィーンから11月上旬にかけて大雪が降ったのですが、それ以降すっかり暖かくなってしまい、珍しく(私がアメリカに住み始めて確か2度目)雪のないクリスマスでした。そしてその後も。昨日からまた最高気温が零下の寒さになりました。これで例年並みかな。新年最初の日曜日には雪の予報。去年のような長〜い冬にならなければいいのですが。それでは、みなさま、よいお正月をお過ごしくださいね。

 
着物地を使って、和のトートバッグ
前回の予告どおり、今日は最近作ったアンティークやヴィンテージの着物地の和のバッグを2点ご紹介します。着物地の端切れに現代の和テイストの生地も加えてはぎ合わせ、刺し子やビーズ刺しゅうで少しだけ飾りました。

最初のバッグは3種類の絹の着物地を使いました。絹の柄の中から赤と緑の木綿を選んで合わせました。意図したわけではないのですが、この配色、クリスマスカラーになっていました。この季節にぴったりですね(笑)。
下の画像の面にはこの美しい菊柄とかわいらしい梅柄に赤の木綿で、季節感はばらばらですがおめでたい組み合わせに。革の持ち手を麻糸の手縫いでしっかりと取り付けました。




反対側には幾何学柄の銘仙と梅、緑の木綿を合わせて刺し子で縞を刺しました。反対の面とはまったく異なる雰囲気なので、ひとつのバッグですが持ち方で二通りの表情になります。


二つ目のバッグは主に木綿や麻の着物地を使いました。絹ほど華やかさはないですが、絣の素朴で自然な感じがいい味になっています。画像では見づらいですが、水色の絣模様の中にスパンコールとビーズを刺しゅうしました。


これはこのバッグの反対側。もともとの縞模様にビーズを加えています。裏布には現代のものですが矢絣柄の木綿。バッグ本体の両サイドに、キルト綿をくるんだ共布の紐をつけたので、荷物が少ないときなど、これをマグネット留め具を閉めた上に蝶結びにするとかわいらしく、四角い箱型になります。これもまたひとつのバッグを二重に楽しむ仕掛けです。


和布も大好きで、チャンスがあれば買ったり、古い着物をほどいたりして集めていますが、コレクションというほどたくさんは持っていません。そんな限られた素材の中から、あれこれ悩んだ末、ぴたりとはまる組み合わせを見つけてパッチワークするのはことのほか楽しいものです。ちょっと難しいパズルを解いたときのような感じです。

次回は最近のアクセサリー作品をご紹介します。

アメリカはおとといの木曜日がサンクスギビング(感謝祭)という祭日でした。この祭日は、日本のお正月と少し似ていて、家族や親戚、親しい友達などが集まって伝統のご馳走をたくさん食べて、いろいろなこと、ものに感謝する、という日です。我が家は南インディアナの小さな町の親戚を訪ね(同じインディアナとは言え、片道4時間の運転です!)すばらしいご馳走をいただいて、たまにしか会えない親戚と楽しい時を過ごしました。その晩は途中のインディアナポリスのホテルに泊まり、プールで遊んだり市内の美術館を少し観て帰ってきました。サンクスギビングが終わると早い家はもうクリスマスのデコレーションを済ませています。毎度のことながら、もう12月だということに衝撃を受けている私。私の周りだけ時間が速く進んでいるのではないかと思うほどです。アメリカも日本も、これからあわただしい季節。みなさんも風邪やインフルエンザなどに注意して元気にお過ごしくださいね。

 
クリスマスシーズンに向けて
みなさん、お元気ですか?



こちらはご覧のとおり、11月だとは思えぬ景色となっております。先週から雪の日が続き、インディアナとの境界線に近いミシガンの学校では休校になるという前代未聞の寒さです。例年なら月末の感謝祭(サンクスギビング)が過ぎた頃から雪がちらつくというくらいが普通です。今年はもうクリスマスかと思えるような天気。この冬も長くなるのでしょうか・・・。


毎日とても寒いのですが、私はまだ冬眠には入っていません!ずいぶんブログからご無沙汰してしまったので、冬眠していると思われた方も多いかもしれません!実はずっとクリスマスのギフトシーズンに向けて、委託販売のための作品づくりに没頭していました。昨日、やっと納品、ディスプレイをしてきたのでつかの間、ほっと一息。いつもこの時期お世話になっている地元のヴィンテージ家具や雑貨のお店 Junk Evolution で、今月のアーティストとして作品を置いていただいています。




今日から3回にわたって、新しく作った作品をご紹介させていただこうと思います。最初は刺しゅうやアップリケをほどこしたミニトートバッグ3点です。この刺しゅう、前の記事に登場したので覚えている方もおられることと思います。このように形になりました!














次回はアンティーク着物の生地を使った、和のテイストのバッグをご紹介します。お楽しみに!

 
Check