手芸家のアメリカ暮らし
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ニットマルシェVol.18発売です。
日本ヴォーグ社のニットマルシェ18号が発売になりました。今回も「手芸家のアメリカ暮らし」で2ページの連載コラムを担当しました。テーマは輪針を使った靴下編みについて。一口に輪針で編む、と言ってもいろいろな編み方があるのをご存知ですか?2本の輪針を使う編み方、長い輪針1本で編むマジックループ、さらに二つの靴下を同時に編んでしまう方法などについて、写真やイラストとともにご紹介しています。盛りだくさんの内容を限られたスペースに分かりやすくまとめるのには前号同様苦労しました。靴下編みに興味を持ってもらうきっかけになったら、と思いつつ編集者さんとともに苦心して作った誌面です。ちいさなコラムですが、ニットマルシェを店頭で見かけたら、ぜひ手にとってみてください!ほかにも、比較的簡単に編めるかわいい小物やウェアがたくさん載っています。こちらでは掲載作品の詳細画像が見られますよ。コラム読後のご感想や今後の内容へのリクエストなどなど、コメントもお待ちしています。

ニットマルシェで連載始めました!
日本ヴォーグ社の編み物雑誌、「ニットマルシェ」で「手芸家のアメリカ暮らし」という連載コラムを書かせていただくことになりました!第1回は本日発売のニットマルシェVol.17に掲載されています!今回は「アメリカで編み物」というテーマで、私の体験談や英語パターンを編むためのヒントなどについて書きました。我が家のアトリエで撮影したアメリカの編み物道具などの写真も出ています。ぜひ、ご覧ください!



ほかにも、春夏の素敵なパターンが満載。特にビーズ編みのアクセサリーや小物はすぐにも編みたい!と思いました。レーシーな羽織りものも今から編んで、待ち遠しい春がきたら使いたいわ〜。(こちらは春の来るのが遅いから、まだたっぷり時間がありそう。)ニットマルシェWebの作品ギャラリーで掲載作品の写真が見られます。

みなさんが知りたいと思う、アメリカの手芸事情って何でしょう?連載第2回以降の参考になるので、ご要望があればぜひコメントしてくださいね。
UK発、新しい刺しゅうの雑誌 Hoop-La!
2月6日にイギリスで新しい刺しゅうの雑誌が創刊されることになりました。刺しゅう枠を意味するHoop(フープ)という単語にちなんだHoop-La! というタイトルの雑誌です。アメリカでも人気の、イギリス発 Mollie Makes という手作り雑誌と同じ出版社が手がけています。この創刊号に、私も作家として参加させていただきました。去年11月から新年にかけて、ブログも更新せずにやっていたお仕事のひとつです。



実はまだ、手元にコピーが届いていないのですが、プレビューを見たところではシンプル、モダンでセンスのよい素敵なプロジェクトがきれいな写真とともにたくさん紹介されています。気軽に作って毎日の生活に取り入れられそうなおしゃれなアイテムが中心のよう。今回私は水玉に刺し子したポーチを紹介しました。プレビューはこちらでご覧になれます。ちなみに私のページは84ページです!こちらでは先行予約ができるそうです。また、Hoop-La! のフェイスブック・ページでは、刺しゅうに関して参考になる話題が次々Upされています。ぜひご覧になってみてくださいね!
ゲストハウス
080524

6月に入り、雨も多くなり気温が上がってすっかり夏らしくなりました。ここ数日は30度を超えて蒸し蒸しと熱帯のような天気です。おかげで庭の植物は雑草も含め、ニョキニョキと成長しています。日本は梅雨ですね。台風も来たりして、梅雨寒の日が多いように聞いていますが、みなさんお元気ですか。

さて、我が家はこのところ急に忙しくなりました。
前に小さな家を貸していることを書いたと思いますが、もう一軒、今度は今年いっぱいのあいだ、ゲストハウスをすることになって、今、古い小さな家を一生懸命修復しています。小さな平屋ながら、敷地がわりに広く、今は、野放しになっていた庭木や芝生の整理、フェンスのペンキ塗りなど外回りを整備しています。
ゲストハウスとして使うには家具やカーテンなどのインテリア、キッチン、バス周りの道具類などもすべてそろえなければならず、それが私の仕事になりました。また、サイディング(外壁)やトリム(窓枠)ドアの色、ベッドルームの壁、クローゼットのドア、などなど、ペンキを塗りなおす部分の配色を考えるのも私です。それにガーデニングも。

一軒の家のこれらすべてを自分で決められるなんて、なんて楽しいんでしょう!そうめったにある機会じゃありません。大学進学で一人暮らしを始めて以来、培ってきた(つもり!)の経験とセンスを生かせるチャンスがようやく巡ってきました!という感じです。時間と予算がかなり限られているのが難ですが・・・・・。本人、今のところやる気満々でございます。

と、いうわけで、写真を整理したりしている時間があまり取れないと思うのですが、ここには文章だけでも、これまでどおり普段の暮らしのことやゲストハウスの進行状況など、できるだけ更新していくようにしたいと思っています。

↓ランキングに参加しています。ポチポチっと、よろしくお願いします。

ファイブ ブログランキング
 


そういえば
080501
JUGEMテーマ:アート・デザイン

ご報告するのをすっかり忘れていましたが、先月発売になった日本ヴォーグ社の雑誌「ステッチIdees」に2点だけですがスモッキングの小物が出ています。30〜31ページのポーチとブックカバーです。本屋さんにあったら見てみてください。

※31ページの水玉のスモッキングについて、説明に一部誤りがありました。「裏側」から刺しゅうする、と書いてありますが、実際は「表から」刺しゅうする技法です。

↓ランキングに参加しています。ポチポチっと、よろしくお願いします。

ファイブ ブログランキング
 

新しい仕事場
070923

もう1台、ミシンがほしかった、と書きましたが、その理由がこの小さな部屋。ひょんなことから出会ったアーティスト、ハロルドさんのスタジオの一角にある、空き店舗の部屋を貸してもらい、また仕事としてのもの作りを少しずつ始めてみることにしたのです。

自分のスタジオです。と、言いましても、ミシガンの田舎町の小さな商店街に面した、商業的にはあまりパッとしない場所。だけど小さな湖に近く、静かだし大きな窓がある。夫の実家の近くなので、仕事をする数時間の間、娘を見てもらえる、という私にとって至れり尽くせりの場所でもあるのです。ここ数週間週末を使って、ぼろぼろだった床や、通りに面した窓枠にペンキを塗ったり、ハロルドさんが貸してくれたアンティーク家具を磨き直したりして、やっと仕事が始められそうな環境が整いました。まだ見た目には未完成で簡素な部屋ですが。

どんな形でやって行くか、まだ手探りの状態です。なにかいいもの、素敵なものを作っていけたらいいな、と思っています。

人気ランキング
↓1日1クリック!応援してくださいね。