手芸家のアメリカ暮らし
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

クレイジー・ショッピング@オークション
 この前の土曜日、近くの倉庫で大きなオークションが催されるというのでオットと二人、行ってきました。このオークション、市内の公立学校の古くなった備品をいっせいに処分するための催しでした。会場について見ると、かなり大規模な催しで、ガレージセールやオークション好きの私たちは最初からかなり興奮気味。そこには、市場では「ヴィンテージ」と呼ばれていいお値段で売られているような品物がずらりと並んでいました。中古品に興味のない人にはガラクタの山のようにしか見えないでしょうが、古道具やヴィンテージを好む、ジャンク・ラブな人たち(私たちはこの部類に所属)にとっては燦然と輝くお宝の山です。この日も、下の写真でごらんいただけるように、たくさんのジャンク・ラバーたちが集まっていました。



70〜80年代に小中学校時代をすごした私たちには懐かしい品物がたくさんありました。もちろん、日本の学校にはなかったものも多く、そういうものは私にはとてももの珍しく、オットにいろいろ教えてもらいました。懐かしい品々を見ていると、その時代の楽しかった思い出、ほろ苦い思い出などが蘇ってきました。


カラフルなスチール製のロッカー。置き場所さえあれば2〜3個買うんだった!d;


ピアノを習っている娘、家ではずっとキーボードで練習してるので、この中の1台を買おうと思っていたのですが、競りではスピードが肝心、もたもたしているうちにあっという間に全て競り落とされてしまいました。いったいいくらの値がついたかというと・・・なんと1台20ドル!桁間違いではありませんよ。いくら難アリの品とはいえ、いいのでしょうかこの価格。


学校の備品のオークションですから、家庭科で使われるミシンもたくさん出ていました。ざっと見た感じで40台はあったと思います。なかでも、これらのジャノメのミシンが目を引きました。アメリカの学校でジャノメのミシンがこんなに使われていたとはちょっと驚き。どれも私が20年使っているシンガーよりはずっと新しく見えました。

ずっと前から、洋裁用のドレスフォーム(トルソー)が欲しかったので、それがあれば絶対買おうと思っていましたが、残念ながら1台もありませんでした。残念。縫製工場のオークションが催されるのを待ちましょうかねえ・・・・(笑)


数百脚の椅子。手前のほうに写っている椅子などは、ミッドセンチュリーのデザインぽくて色も形もかわいいものがいっぱいでした。オークションに参加している人たちはほとんどがプロのバイヤーで、50個、100個単位でこれらの椅子を競り落としていました。


このプリンターズ・テーブル(レタープレス用の材料を収納できる作業台)を見てください!質の良い無垢の木材で作られた、いかにも頑丈な作り。引き出しの中にはびっしりとレター(金属製の小さなスタンプのようなもの)が入っていました。


味のあるスツール。この中から2〜3脚、欲しいと思いましたが、このオークションではまとめ買いが基本。全部まとめてでないと競り落とせないのであきらめました。


がっしり、頑丈そうなドア。


ロッカーのドアのポスターが時代を感じさせます。


古びたペンキの風合いがいい感じのはしご。

そろそろ、読者のみなさんは、私たちがいったい何を買ったのか、なにも買えずに帰ったのか、気になっているのではないでしょうか。タイトルの「クレイジー・ショッピング」の意味するところは・・・?「スツールがまとめ買いだったのであきらめた」と書きました。それからオークションは延々と続き、1時間も過ぎた頃・・・


22脚の木製の椅子・・・・を買ってしまいました〜!どうしても諦められなかったのですっ!使い込まれた木製の本体、背の部分はカラフルなビニールでカバーされ、背面で鋲打ちされています。しかもかなり良いコンディション。ちょっと手を入れてあげれば、立派なヴィンテージ家具です。オットが日本にいるときは目黒に住んでいたのですが、よく散歩した目黒通り辺りのすてきなインテリアショップにあってもおかしくないような椅子だよねえ、というのが二人の共通の印象。クリーニングして家で使うのが今から楽しみです!というわけで、そぼ降る雨の中、二人して22脚の椅子をトラックまで何往復もかけて運びました。うちには22脚全部を仮置きする場所がないのですが、幸い、貸している家のひとつに使っていないガレージがあるのでそこに運び込みました。上の写真はそのガレージでのショットです。

あまりにクレージーな買い物をしてしまったのと、すごく気に入ったものを安く手に入れた満足感とで、椅子を運びながら思わず一人で笑ってしまった私ですが、まだ続きがあるのですよ。


この写真に写っている8台のミシンも買ってしまったのです!読者のみなさんが口をあんぐりと開けてあきれ返ってしまっているのが目に見えるようですが・・・今使っているシンガーにフリーモーション用の押さえが装着できないので、それができるミシンが欲しいなあ、とずっと思っていたのです。そこへ、このまとめ売りのジャノメたちを破格で見つけてしまったわけで・・・しかも写真のカートもついてくる。作品を飾りながら収納する棚にちょうどいい。この大量買いの言い訳としては十分でしょうかねえ?ミシン8台もどうするのかって?これを競り落とした後、一人のご婦人が通りかかって、「よかったら3台ほど譲ってほしい」というので、3台を買ってもらいました。その後、そのご婦人、まだあと2台買うかどうか迷っている様子。中に2台、別のメーカーで状態が完全でないものがあったので、了解の上でその2台はその人に差し上げました。と、いうわけd残ったミシンは3台。結果的に、ミシン3台とカートを〆て25ドルで買ったことになりました!!



これが、そのミシン。残念ながら、3台のうち1台は生地送りの調子が悪く修理が必要ですが、修理に出せば簡単に直りそうです。オークション会場では試運転することができなかったので、3台残しておいてよかったです。壊れてない1台は、きれいに掃除をしてから、ソーイングをする友人にあげようと思っています。



オットは早く例の椅子のメンテナンスをしたくてうずうずしているようです。家具の再生は数少ないオットの趣味のひとつになったと言っていいかも。将来、リタイアしたら(リタイアできる日がくるといいな)二人で古い家具を再生して売るお店をやりたいねえ、と話しています。

こんな長い記事に最後までお付き合いいただいてありがとうございました!かなりあきれて、ちょっと笑っていただけたならうれしいです。

ヴィンテージ・ショッピング / テキスタイル
アンティークやヴィンテージ・ショッピングについて、久しく書いていませんでした。ブログに書いていない間にも、どんどんお気に入りが増えて、ここらできちんと整理をして、きれいにディスプレイなどしてあげたいと思いつつ、月日が過ぎていきます・・・。

さて、今日は最近の掘り出し物の中から、布やブランケットなどのテキスタイルをご紹介したいと思います。私はもともと、どちらかと言うと激しい色使いはあまりしないほうなのですが、秋ごろから急に黄色や赤、オレンジなどがとても気になりだしました。我が家の北側に面した暗めのファミリー・ルームをなんとか明るくしたい!という思いもあって、そういう風に変わったのかもしれません。温かみのある明るい色のものが増えました。ここにお見せするかぎ針編みのブランケットなどは、部屋を明るく、暖かく見せるのに一役買ってくれました。



上の写真のクッションと下のグラニースクエアのかぎ針編みブランケットは、このブログではもうおなじみとなった私のお気に入りのヴィンテージ・ショップ「Junk Evolution」で買いました。上の、グラデーションがものすごくきれいなヘリンボーンのかぎ針編みブランケットは近所のリサイクルショップで見つけたもの。使いこまれてフェルト状になったテクスチャーが、これまたとっても素敵なんですよ。これを見つけたときは、私の理想にあまりにはまっていたのでホントにうれしかったです。



こちら(下)のガーゼのキルトは日本で言うと夏掛けのような軽いブランケットで、数日前にリサイクルショップで見つけてきたものです。このパッチワーク風(実際にはパッチワーク風のプリントです)の見た目と色使いがパッと目を引き、思わず衝動買いしてしまいました。このパッチワーク風のプリントが、これまたかわいく、ダブルガーゼと思われる生地のさわり心地もとっても優しいのです。



生地の風合いを、クローズアップでご覧ください :)







同じお店で、今回はたくさんのヴィンテージの生地を見つけました。丁寧に使われたピローケースやシーツなどです。懐かしい雰囲気の柄や、色落ちした風合いもなかなかいい感じです。



こちらは、何ヶ月か前に、地元のエステート・セールで購入したもの。そのセールのオーナーは、きっと昔、洋裁をされたのだと思います。これらの布はみな、スカートやパンツなどを作ったと思われる残り布だったからです。たぶん、60年代のものだと思われます。




こうしてまた、仕事部屋の布の山が大きくなってしまいました・・・・・。本当に、きちんと片付けなくてはならないんです。今、ものすごい状態です。計画では、安物の天井をはがしてロフト風にし、板張りの壁を白っぽいステインで塗りなおし、棚や家具もペイントして再配置し、すっきりと美しく、働きやすい部屋にするぞ!と思っているわけなのですが、その準備の片づけが遅々として進みません・・・反省。新しい(今日の場合は中古ばかりですが)材料を仕入れて山を大きくするのは本当に簡単ですが、それを整理して収まるべきところに納める、というのはなんと難しいことか。それも一重に、世の中にはかわいいものが多すぎるせいです。



明日から、ぜったい、ぜったい、仕事部屋を片付けるぞ〜〜〜。ここで言ってしまえば、本当にできるかも・・・・???? 

旅行の記念


旅行に行ったら、記念になにかしらのお土産の品を買う人は多いと思います。私はできれば旅先でアンティークショップを見つけ、気に入ったものがあれば自分へのお土産として買ってくるのが楽しみです。今回のルイジアナへの旅行では、結局気に入ったものが見つからず、ちょっとがっかりして帰途に着いたのですが、途中、ランチ休憩で停まったミシシッピのちいさな町のアンティークモールで、やっとお気に入りに出会えました。それがこのバスケット。



年代ははっきりしませんが、とても状態がよいのでそう古いものではないのかもしれません。しっかり編まれたバスケットに革の持ち手や留め具が懐かしい。グリーンのビロードのリボンもかわいい!中を見たとき、麻の裏地やブレードの縁取り、イチゴのアップリケなどにすっかりやられてしまいました・・・・・。(続きます。)


★別ブログ「Gotta Flip!」もよろしく!

↓ランキングに参加しています。ポチポチっと、よろしくお願いします。

ファイブ ブログランキング
 


続きを読む >>
大満足!
071008

この画像、引っ越しの途中でも家具の虫干しの様子でもありません。先週末、うちから1ブロック離れたお宅でエステートセールがありました。これは、家を売る際に不要なものをたくさん処分したい時に行われるセールで、ガレージセールと違い、アンティーク業者などのプロが請け負ってセールを行うものです。また、オークションとは違い、誰でも買い物できるという点で少し気軽さがあります。

ところで、上の家具、お察しのとおりこのセールで入手したものなのです。ベッドのヘッドボードと大きな鏡付きのドレッサー、それにもう少し背の高いドレッサーの3点セット。金曜の夕方、散歩がてらに見に行ったセールで一目惚れしたのですが、交渉したところ、最終日の土曜にならないと、仲介者の業者のおじさんの一存で値引きはできないということでした。どうしても値切って買いたい私たちは(笑)一か八か、翌日まで誰にも買われないことに賭けて、その結果、なんと半額(!)で買うことができたのです。この写真の状態の後、近所の人にも手伝ってもらって二階のベッドルームへ。予想以上にぴったりと落ち着いてくれて大満足!しかもこの家具、コレクティブルらしく、高値で取引されているものらしいと分かり、さらに満足度が上がるのでした。家具の詳細と、ベッドルームのセッティングなど、後日ご紹介するつもりです。

071004

人気ランキング
↓1日1クリック!応援してくださいね。


続きを読む >>
これ、いる?
アメリカの家庭は物持ちがいい。というか、古いものを捨てずにとっておいてあることが多いと思います。日本と違い、収納スペースがたくさんあるためかも知れません。夫の実家も然り、物置に入ると、アンティーク屋で見かけるような家具や雑貨類がぽつぽつと目に入ってきます。両親は、私が古いもの好きと知っているので、なにかを処分する前に、「これ、いる?」と聞いてくれます。

070811b

この写真のワッフルメーカー(デンマーク製)と、Rosette Iron(北欧の揚げ菓子を作る道具)もそのひとつ。義父のお父さんが使っていた、というくらいですから、もうこれもアンティーク雑貨と言っていいでしょう。

人気ランキング
↓1日1クリック!応援してくださいね。

続きを読む >>
オークションデビュー
オークション1

日曜日、数ブロック先の古いお屋敷でオークションがありました。前から古い家のオークションに参加したくて情報を集めていましたが、タイミングもなかなか合わず、初めてということもあって、ちょっと遠いところまで足を運ぶのをためらっていました。今度のはいつも散歩で前を通っているお宅なので、はりきってストローラー(ベビーカー)を押して出かけました。
続きを読む >>
ガラス、陶器、ステンレス
陶器を飾る

アンティークショーで自分のために買ってきた色のきれいな小鉢(スフレ皿として売られていた)をステンレスのプレートに並べて飾ってみました。このプレートは義父に譲ってもらったものでスウェーデン製の古いものらしい。アンティークのクスリ瓶に、庭にはえてきた何かの若木を入れています。最近とても気になる素材、ガラスと陶器とステンレスをダークトーンの木目に合わせるのが素敵と思います。最近リビングに作り始めたビルトインのテレビ台兼デスク兼書棚の一部が出来上がり、雑貨を飾ったり花を生けたりするスペースができてうれしいのですが、ステインの色が明るすぎて好みでなかった。理想は黒に近いダークブラウン。塗り替えるのはまた一仕事になりそうです。
アンティークショー
アンティークショー

近くのフェアグラウンドでアンティークショーがあったので仕入れに行ってきました。思ったより規模が小さかったので、目的の品物は残念ながら見つけられなかったけど、いくつかかわいいものを仕入れてきました。ホテルで使われていた木製のハンガーとか、小物を飾るのに良さそうな古びた木箱、かわいい水玉模様のナッツグラインダーとか、色のきれいな陶器のカスタードボウルなどなど。これらは、ちょっと先になりますが、いずれオンラインショップ「How many knots?」に並びますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。(今現在も、せばたさんやわたしがセレクトした雑貨が並んでいます。)

ここからは、買わなかったけどかなり気になったものたちを紹介します。
続きを読む >>
Thrift Store
パイレックスのコーヒーポット

厳密にはアンティークと言えなくても、ちょっと古いもので素敵なものはたくさんあります。だからアンティークストアだけでなく、Thrift Store というリサイクルのお店をよく利用します。単にリサイクルというだけでなく、商品は一般の人々からの寄付によって成り立っていて、収益を困っている人々のために活用する中古品のお店もあります。Thrift には「倹約」という意味があります。衣類から食器、家具にカーペット、本もあればおもちゃも、と品揃えもかなりのもので、品物の価格は25セントなんていうものからあります。探せば新品もあったりします。
今日は夫に頼まれた買物のついででしたが、グラス類の棚を眺めていたら、欲しいものがけっこうあったのでついつい長居をしてしまいました。写真のコーヒーポットはそんなに古いものではないと思いますが、デザインがとてもシンプルで素敵だったので買いました。背の高い方がPyrex、もうひとつがCorningのものでした。キッチンの天井近くの飾り棚に並べておきたいと思っています。ほかにも小さなグラスや保存ビンを買いました。
今日のお店はチェーンなのであちこちにあるのですが、衣類が充実していて、原宿などで売られていそうなアメリカンカジュアルの古着が広い店内にずらーっと並んでいます。どれも小銭で買える値段です。日本の古着屋さんはきっとこういうところで大量に仕入れをしているんじゃないかなあ?と想像していましたが、今日は偶然、日本人の古着バイヤーらしい人たちが鋭いまなざしで品定めをしているのを見かけました。
そうそう、それからアーミッシュの女性たちがたまたま買物をしていました。写真集などで見た事のある昔ながらの綿のドレスに帽子の姿ででした。Ninaが愛嬌を振りまくものだから、優しく声をかけてくれました。
初ゲストはアンティークバイヤー
この家で初めて日本からのゲストを迎えることになりました!私の友達で手芸作家のやすこさん。いままでも手芸作品や材料、ちょいふる雑貨なんかのオンラインストアを運営して来たやすこさんですが、これからアンティークを充実させようということで、今回は仕入れ目的の旅なんです。私も現地バイヤーとしてぼちぼちとお手伝いさせてもらう事になりました。

やすこさんのフライトは夕方の5時半ごろに到着の予定。前日からはりきって家を片付けて「さあ、準備OK!」となった当日の午後、なな、なんと、家の電気が一部使えなくなってしまった!あちこち電話をしてやっとすぐに直してくれるところを見つけ、電気屋さんが来て壊れた部品を取り替えて・・・あー、よかった。と落ち着いたのはもう5時直前。もうすぐ空港にお迎えに出かけなくちゃ、というところでやすこさんから電話。なんとシカゴの乗り継ぎで乗り遅れてしまい2時間後の便で到着する、というではありませんか。それでなくても長旅なのにまだ2時間も待たなくちゃならないなんてほんとに気の毒。疲れ切っていたこととは思いますが、次の便でなんとか無事到着。本日はとにかく時差ぼけを調整すべくゆっくり休んでくださいね。

今回はとにかく、買い付けに当てられるのは4日間だけという駆け足の旅です。さあ、明日から夫にも協力してもらってアンティークめぐりです。楽しみ、楽しみ。