手芸家のアメリカ暮らし
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< A Vintage Singer | main | 続 夏の思い出/UPPER PENNINSULA >>
新しい仕事場
070923

もう1台、ミシンがほしかった、と書きましたが、その理由がこの小さな部屋。ひょんなことから出会ったアーティスト、ハロルドさんのスタジオの一角にある、空き店舗の部屋を貸してもらい、また仕事としてのもの作りを少しずつ始めてみることにしたのです。

自分のスタジオです。と、言いましても、ミシガンの田舎町の小さな商店街に面した、商業的にはあまりパッとしない場所。だけど小さな湖に近く、静かだし大きな窓がある。夫の実家の近くなので、仕事をする数時間の間、娘を見てもらえる、という私にとって至れり尽くせりの場所でもあるのです。ここ数週間週末を使って、ぼろぼろだった床や、通りに面した窓枠にペンキを塗ったり、ハロルドさんが貸してくれたアンティーク家具を磨き直したりして、やっと仕事が始められそうな環境が整いました。まだ見た目には未完成で簡素な部屋ですが。

どんな形でやって行くか、まだ手探りの状態です。なにかいいもの、素敵なものを作っていけたらいいな、と思っています。

人気ランキング
↓1日1クリック!応援してくださいね。

スポンサーサイト
おーーー お仕事再開ですね!
しかもこんな素敵な仕事場で。
すばらしいチョーうらやましい!
自宅以外に仕事場があるってのはすごいうらやましい環境よ〜いいなぁ。
どんなものが出来ていくんだろう。ワクワクするね〜。
和の素材とか必要なら探しておくよ〜。
sebata | 2007/09/25 14:04
なんとも暖かな気が伝わってくる仕事場ではないですか! いいなあ。
どんなものが生み出されたか、またブログで紹介してね。楽しみ楽しみ(^o^)
OKO | 2007/09/25 15:03
スタジオ開設、おめでとう!
作品の誕生、楽しみ!! すごーく、わくわくしてきましたよ。
AST | 2007/09/25 16:12
自分の仕事場・・・お店・・・憧れだ!!!!!
頑張れ!アーティスト・HIBI!!!
その素敵な窓の前でどんなものが作り出されて行くのか楽しみにしているよ。
kuta | 2007/09/25 17:16
新しい仕事場の開設おめでとうございます。内装がとても可愛らしいじゃないですか?車ではそんなに遠い距離ではないので雪が振る前に一度見学しに行きたいです。
Tomoko | 2007/09/26 11:15
みなさん、うれしいコメントありがとうございます。まだ、場所ができたというだけで、頭の中はほとんど空っぽ状態なので、なんだか恐縮してしまいます。ニュートラルな状態から再スタートできると思えばいいんですね。

sebataさん、いろいろお願いするようになるかもしれません。和の素材以外にも、日本でふつうに手に入るものがなかったりするんですよ。その時はよろしくお願いしますねー。

OKOさん。
暖かな気。そうでしょうか。そんな中で働けば、暖かみのあるもの作りができるかな。

ASTさん。
わたしもわくわくしています。ただし、歩みがのろいと思うので、気長に見守ってくださいまし。いつか必ず、いっしょに本をつくろうね!

kutaちゃん。
初めて自宅じゃない仕事場を持てたと思うと、すごくラッキーよね。しかも海外!(笑)
80のおばあさんになる頃には、憧れの「職人」に近づけるかな。

Tomokoさん。
そう、冬場が正念場なんですよね。なにせ、通勤は田舎道を40分運転ですから。天気の悪い日は欠勤です、たぶん。遭難したくないし(マジですよ、みなさん)。もうすぐ自宅のベースメントに泊まってもらえるようになる「予定」なので、遊びに来てくださいね。
hibi | 2007/09/26 21:35
なんかなんかね、パリで和物を売ってくれるお店を見つけたの。いったいどれくらいで売ってくれるのかわからないけど、興味ない?送料がかかるのが難なのと、小さなお店っぽいから売れるかどうかは?なんだけど。パリで自分が作ったものが売られるってだけでもなんかワクワクしない〜?
sebata | 2007/09/27 14:10
パリか〜。いいなあ、行くのね、sebataさん。
「私も行きたいなあ〜、アメリカからのほうが近いし、安いツアーあるかもよ。」って言ったら、「パリは安くても高い!」と夫。「sebataさんは子供いないからねー。」というので「私はNinaと一緒に行きたいの〜。」と返したら、呆れられました。でも、いつか行きたいわ。土産話(と、お土産!)楽しみにしてるね。

そうそう、パリのお店のサイト見ました。確かに面白いね。そういうことやっている人もいるんだ、って、感心した。ちょっと考えてみよう!
hibi | 2007/09/28 12:11
いつかほんとにNinaちゃんとパリいこうよ〜
パリは高いけど、ちょっと郊外に出たらだいぶ安くなるし。そのほうが楽しいかも。
今回はもうベタベタにアンティークと美術館とカフェの旅。でもユーロが高くてまいった。何も買えない貧乏旅行になりそう・・・
sebata | 2007/10/06 16:40
そうですね〜。Ninaがもう少し大きくなってからなら楽しいかもね。5歳か6歳くらいかなあ?
何も買えなくても、細部がわかるような写真、いっぱいとってきてくださいね〜。楽しみにしてます。
hibi | 2007/10/07 13:03
COMMENT