手芸家のアメリカ暮らし
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 模様編みマフラー | main | 初積雪 >>
ひとりの時間には。
071117
JUGEMテーマ:日記・一般


アメリカではろうそくはとても身近なもの。専門店もたくさんあるけれど、そういう所に行かなくても、近所のスーパーやドラッグストアなどにはたいがいキャンドル売り場が設けられていて種類も多く、気軽に買うことができます。香りのついたものが人気で、季節によって、置く場所によって、いろいろに使い分けられています。この季節はやはりシナモンなどのスパイス系の香りを灯しているおうちが多いようです。

人気ランキング
↓1日1クリック!応援してくださいね。




小さい子供がいるとなかなかろうそくを楽しむということはしにくいのですが、ごくごくたまに、一人の時間ができるとこのろうそくを灯しています。ロウが融けて炎が器の中に灯っているようにしたいのですが、たまに灯すだけなのでまだこんな様子です。いつかバスタブのまわりにたくさんろうそくを点けてお風呂に入るのがここ数年の小さな夢です。。。。

ちなみに、ろうそくを置いている絵付けの皿は、夏のUPの旅行中にアンティークストアで見つけた日本の古いものです。
スポンサーサイト
COMMENT