手芸家のアメリカ暮らし
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 子供と暮らすとおもしろい | main | なんだ、食べ物ばっかじゃん。 >>
図書館
080227080227
JUGEMテーマ:地域/ローカル

図書館に行くと時間を忘れるくらい熱中してしまいます。先日も、夫がムスメを連れて児童書の階に行ってくれたので、思わずアート・クラフト系の本棚を端から端までチェックしてきました。さすがにビジュアル系の本以外に手が出るほど英語が上達していませんが、それでもやっぱり図書館は楽しい。図書館で借りて内容を確認してから本を買う、ということもよくやります。この日、借りた本は4冊。写真左、上から「Papier Mache Treasures」「The New Dictionary of Counted-Thread embroidery stitches」「Sock and Glove」「Japanese Temari」。どの本も、今の私にとって興味深い題材で面白かったのですが、中でも気に入ったのが「Papier Mache Treasures」。

↓ランキングに参加しています。ポチポチっと、よろしくお願いします。

ファイブ ブログランキング
 



080227

チョコレートなどのお菓子のモールドを使って、ヴィンテージ風のペーパーマーシェの人形や動物を作る、という本なのですが、どれもこれも、欲しい!作ってみたい!と思わずにいられない可愛い作品ばかりが載っています。作るとしたら、モールドさがしから始めることになりますが、あのお店ならいろいろありそう・・・。実際に作るかどうかは別として、眺めるだけでも楽しい本です。

そして次に欲しいと思った本が「The New Dictionary of ・・・」です。手芸をやらない人にはピンとこないでしょうが、布目を数えながら縫う刺しゅうというジャンルがあって、そのジャンルの中にもいろんな種類があるのです。それらの代表的な手法のステッチのパターンをいろいろ集めた教科書のような本です。こういう、昔ながらの手法を分かりやすく解説した本はそう多くはないし、いいものを見つけるとすぐ手元に置いておきたくなってしまいます。

080227
スポンサーサイト
「Papier Mache Treasures」も「The New Dictionary of ・・・」も興味深深〜。特に「The New Dictionary of ・・・」。
日本でも今、ソックモンキーが流行の兆しらしいですよ〜
sebata | 2008/03/06 14:11
このソックモンキー(だけではありませんが)の本は数年前に文化出版局から出た本をこっちの出版社が翻訳して出したものなんですよ。その頃にこの本を書いた著者KANAMMORI MIYAKOさんはかなり先を行ってたんですね。

参考にしたい洋書があったら入手、またはどんな内容かリサーチするので連絡してくださいな。
hibi | 2008/03/12 10:42
COMMENT