手芸家のアメリカ暮らし
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< Noodle Sculpture (麺彫刻?) | main | 着心地最高のシャツ。 >>
ひな祭りの春山寿司


3月最初の日曜日、ムスメのお友達家族二組を招いてひな祭りランチパーティーをしました。

去年はまだひな祭りの説明をしても、わかっているんだかどうだかもわからないような年齢でしたが、今年はもうある程度理解できるようになったし、記憶にも残る年頃だと思います。うっかりすると日本の年中行事なんて何もしないうちに一年を過ごしてしまいそうなので、できるときだけでも日本の伝統的な文化や料理に触れさせる機会を持たせたいと思います。

などと言うと、たいそう立派な心がけのように聞こえますが、うちだけでやろうと思うときっとくじけてしまうので、お友達を誘って、この際、パーティーにしてしまってやる気をだそう、と言うわけなのでした。

メインメニューは写真のちらし寿司。参考にした本の料理名が「春山寿司」となっていたのでタイトルに使わせていただきました。思えば、本格的に(ちらし寿司の素を使わずに!)ちらし寿司を作ったのは結婚以来はじめてかも・・・・・・。ちょっと日本人主婦としては情けない限りです。が、今回、声を大にして言いますが、初めて自分で作った桜でんぶが大成功だったのと、干ししいたけの煮あがり具合が抜群で大喜び。魚の種類が少ないこの辺でも、タラは入手できるのでたまにはたくさん作って冷凍しておこうかと思いました。



色とりどりの具材。甘く煮たしいたけ、錦糸玉子、ゆでえび、絹さや、桜でんぶ。ほかにいりゴマも混ぜ込みました。この色合いは日本の里山の早春の景色を思わせますねえ〜。全部の具材を準備するのはちょっと面倒ですが、飾り付けるのは春がもう間近に感じられるような気分で、とても楽しかったです。

でんぶの作り方など、続きでちょっとご紹介しておきます。


↓ランキングに参加しています。ポチポチっと、よろしくお願いします。

ファイブ ブログランキング
 


タラの切り身を水から茹で、沸騰したら5~6分で火から下ろし、鍋ごと流水にさらして水の中で骨や皮を取り除きます。ペーパータオルやふきんで水気を絞り、すり鉢で軽くすりつぶして(うちにはすり鉢がないので、なんと!離乳食作りに使ったミニすり鉢・・・)鍋に入れます。
砂糖とお酒、塩、それに水溶きの食紅を加えて火にかけ、焦がさないように混ぜながら水分を飛ばします。



バットに広げて冷まして完成。



これは余談ですが、アメリカのマコーミック社の食用着色剤。お菓子作りなどにもよく使うので、今回4色セットになってるものを買いました。箱の後ろに色の配合の割合の表がついていて、混ぜることでいろんな色がつくれます。だけど、今回使ったのが赤3滴。これ全部使うのに、けっこう時間かかると思うんですが・・・。いや、アメリカ人の作るお菓子の色を見ると・・・・かなり早いペースで消費していると予想されます。そういえば箱の表に、「ホワイトケーキミックス1箱に対し赤50滴」って書いてある!どーんな色のケーキなんじゃい!!!

それはさておき!ひな祭りパーティーはというと、ご飯もおいしく、子供たちは仲良く遊び、大人たちは話に花を咲かせて午後いっぱい楽しく過ごして大成功でした。ちなみにご招待した2家族はどちらも日系家族(ご夫婦のどちらかが日本人)。それぞれお嬢さんが4歳でNinaと同じプリスクールに通っているという、私たちにとっては日本人人口の少ないこのエリアではなかなか得がたいお友達です。ムスメに日本語で遊べるお友達がいるというのは私にとってもうれしい限りなのでした。Eさん、Yさん、おいしい差し入れありがとうございました。またやりましょうね。


↓ランキングに参加しています。ポチポチっと、よろしくお願いします。

ファイブ ブログランキング
 
スポンサーサイト
やったね!すごい!!桜でんぶはなかなか作らないよ。色もきれい。色とりどりで本当に春らしいね。
私はほとんどちらし寿司の素に頼っています。
こうやって見ると日本の行事もなんかいい感じだね!
早く春よ来い!!
いもうと | 2009/03/03 17:56
すごい!桜でんぶが手作りできるなんて!
いもうとさんもびっくりしてるもの、
やっぱりすごいよー
AST | 2009/03/04 21:07
ASTさん!
私そんなにすごくないんですよ〜〜。
いもうと | 2009/03/05 15:44
COMMENT