手芸家のアメリカ暮らし
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 竜巻じゃなかった?! | main | まあるい小石キルティング / シルバービーチ@ミシガン湖 >>
今、キルティングしています。
前作のキルトを作っているとき、ムスメがしきりに自分のを欲しがっていたので、今度はムスメ用のキルトを作っています。

メインの布はModaのTweet Tweetというコレクションのチャームパック(5インチ(12.5僉乏僂寮喫形にあらかじめカットされたもので、コレクションのすべての柄が含まれています)を使いました。近所の生地屋さんで見てかわいさに一目ぼれです。フレームのように使った無地の布はすべて家にあったKona Cottonで間に合わせました。なので配色にちょっとムリがある部分も無きにしもあらず・・・かも、と少し心配だったのですが、トップが完成してみるとそんなに悪くないかな〜、という気になっています。

Picture 166_1.jpg

ひとつのブロックが約8.5インチ角(21僂らい)。4×5で20枚をつなぎました。

Picture 169.jpg

そして今回は裏布もちょっと凝って、一部にピースワークを入れました。
ベースの布はRiley Blake Designの"Summer Song"。違うブランドなのに、Tweet Tweet の柄と配色がピッタリだったのと、元気なデイジー柄がNinaっぽいと思って使いました。ピーシングした部分は、表布に使った残りのTweetを2.5インチ(約6.25僉乏僂寮喫形にし、それをKonaの白で写真のフィルムのように縁取りました。

Picture 126.jpg

前に書いたとおりスローペースなので、この写真を撮ってから1週間くらい経ちますが、今やっとキルティングに取り掛かったところです。今回は"Pebble (まあるい小石)Quilting"というフリーモーションキルティングに挑戦しています。裏地に施したピースワークの部分の縫い代の重なったところのキルティングに苦戦中。針の種類を変えてみたら多少改善されてきたようですが、同じところで何度も糸が切れたりすると、キルティングが得意なロングアームの最近のミシンが欲しくなります

Picture 124_1.jpg

まだ始めたばかりですが、「まあるい小石キルティング」はなかなかいい感じです。次回はその画像をお見せしたいと思います。


スポンサーサイト
プリントの柄がどれもきれいで楽しい色づかい!
日本にはこういうのないなぁ。
昨日、おとといと布探しに歩いてますが、思うようなのがみつからず苦戦中。アメリカの布やさんまで行きたいよー。
sebata | 2010/06/24 13:10
なんて素敵なキルトなんでしょう! 明るくて、楽しくて、お母さんの愛情がたくさん詰まっていることがとてもよく伝わってきます^^ これは間違いなく、娘さんのお嫁入り道具になりますね〜。

私は忍耐力がないので(とほほ)、いつも小物ばかり作っていますが、こんな美しいキルトを拝見して、いつか大物にも挑戦してみたくなりました! 完成がとっても楽しみです。 

amy | 2010/06/24 16:04
sebataさん、
今、アメリカでは日本の布がすごく人気なんですよ。こちらではすごく高いのでなんだか買う気になれません!それに日本の手芸本が注目の的になってます。来月帰省するのでまとめ買いしてこようかな。

amyさん、このキルト、ベビーサイズなので思ったほど大変ではないですよ。しばらくはベビーサイズ位か、それより小さいウォールキルトばかり作るつもりです。ベッドサイズを作るのはいつになることか。キルトに強いミシンがないとむずかしそうです。
hibi | 2010/06/24 22:13
COMMENT