手芸家のアメリカ暮らし
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 初めてのキルティング・ビー | main | 日本の夏休み その4 >>
日本の夏休み その3
今日は私の妹の手作りを紹介させてください。うちの妹はけっこう器用です。特に、刺繍やアップリケなどをやらせるとすごく丁寧で上手。昔、1年くらい二人で刺繍のクラスを取っていたことがあるのですが、そのころから上手に刺繍していました。とても慎重に丁寧にやるので仕上がりがすごくきれいなのです。妹は、自分は仕事が遅い、時間がかかりすぎる、と言いますが、時間をかけて質の良いものを作るほうが、早いけど仕立てのお粗末なものを仕上げるよりはずっといい、と思います。



今、妹が作っている、布の絵本。フェルトの土台にアップリケや刺繍でいろいろなものを縫いつけています。



この小さなピンクのウサギがこのお話の主人公。といっても、実際にはお話は書かれていません。子供が遊びながらお話を作っていくのです。そういう風にお人形や小物で遊びながら想像力を育むことができるのが、布絵本の良いところではないかな。ベッドはポケットみたいになっていてウサギがちゃんと入ることができます。ウサギの服はクローゼットの中にしまうことができます。細かいところ、隅々までがちっちゃくってかわいい!凝ってます。




さあ、うさぎちゃん、朝です。起きて服を着て、朝ごはんを食べよう。




で、朝ごはんは目玉焼きとウィンナー、それにブロッコリーやミニトマトなどの野菜も。



お皿と食べ物にはそれぞれマジックテープがついていて、くっつけたりはずしたりできます。




針の動く時計のページもあって、時間の勉強もできます。




このかわいいワンピースでは、ボタンの練習ができます。幼稚園くらいの子供にはよい練習ですね。

私はしばしば、妹の手仕事から刺激をもらいます。あんまりかわいいので、私もムスメに布絵本を作りたくなりました。この妹の作りかけの絵本を出して見せてもらっていたら、NinaとMomoが遊び始めてしまいました。
妹の手仕事の丁寧さにはいつも感心するし、手芸や裁縫について話ができる妹がいてよかったな、と思います。

スポンサーサイト
手先の器用さが妹さんもHIBIさんも同じように遺伝してるんですね。すごくかわいい!ところで私の絵本は一応ニナちゃんにも理解してもらえたでしょうか…。
*K* | 2010/09/03 14:52
さすがは姉妹ですね! 素晴らしい手仕事にみているだけで癒されます。 愛情たっぷりの布絵本を受取られる娘さんは幸せですね。 

ちなみに…私は妹2人+弟2人の計4人の弟妹達がいますが、手芸をする人は私以外には誰もいません…。家族の中ではせいぜい母が編み物をするくらいなので、姉妹で手芸の話ができるのは羨ましいです♪
amy | 2010/09/04 05:32
いや〜ぁ、照れますな〜。
褒めてもらって、正直とてもうれしかったので、この先もがんばります。
いもうと | 2010/09/04 10:45
*K*ちゃん。
やっぱり遺伝なのでしょうかね。母はすごく器用な人だったけど。*K*ちゃんの絵本は傑作ですよ。もちろん、Ninaも分かってます!

Amyさん。
すると、Amyさんは5人兄弟の一番お姉さんなんですね。私なんか娘一人でも忙しいのに、お母さんは子育て大変だったでしょうね。Amyさんがお母さんへプレゼントした手作りのバッグ、使い勝手もよさそうで素敵ですね。きっと手芸をする娘さんが一人いて、喜んでおられることでしょうね。

いもうとさん。
ほんとにそう思っているので、これからもいろいろ作って見せてね。ゆっくりでいいですから、ね。
hibi | 2010/09/07 06:57
時計のアイディア素敵ですね〜。赤ちゃん用のソフトブック(柔らかい絵本)はあるのですが、幼児用などの絵本もいいですよね。うちの息子も時計に興味を示してきたので、作ってみたくなりました。まずは時間をなんとかしなくちゃ!です。
もりもり | 2010/09/21 12:27
もりもりさん、おげんきですか?
赤ちゃんがいるとなかなか時間が思うようにできないですよね〜。やりたいことがあってもなかなかできなくて、ストレスたまったりしますよね。この5年間の子育てで、私が学んだことのひとつ、「ちょっとの時間も積み重ねれば何かできる。時間がない、とあきらめて止まっているより、毎日1ミリずつでも進んでいるほうがいい。」です。
hibi | 2010/09/23 23:50
COMMENT