手芸家のアメリカ暮らし
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< アップリケバッグ完成 | main | おもちゃ収納キャンバスバスケット >>
いろいろ。
先週末、我が家は大イベントを抱えていて、この数週間はすごく忙しかったので、ブログ更新も久しぶりになってしまいました。そのイベント、というのは、私たちにとってはとても大事なことで、ある悲しい出来事につながっているのですが、どうしても成功させなければならないことでした。結局、どうにか達成することができ、ほっとしているのですが、そのことについては、またいつか、落ち着いて書けるようになったら書きたいと思います。

で、今日はごぶさたの間のことをいろいろ思いつくままに書こうと思います。



前回のりんご狩りから1週間後、性懲りも無く、また今度は違う果樹園にりんごを狩りに行ってきました。今度は4〜5品種のりんごをとってきました。そういうわけで、我が家の台所はどこを見てもりんごだらけ。せっせと消費しなければ。。。前回のりんご狩りの後は、まだ日本にいるときはしょっちゅう作っていたアイリッシュアップルケーキを何年ぶりかで作りました。今回はアップルパイに挑戦。というのも、パイは生地を作るのが面倒で、今まで何度かしか作ったことがなかったのです。日本から持ってきた、大原照子さんの「私の英国菓子」という古い本のレシピで作りました。この本、私のお気に入りで、もう15年くらい持っているでしょうか。素朴でおいしいお菓子がたくさん出ていて、活用させていただいています。アイリッシュ・アップルケーキもこの本から学びました。



日本ではお菓子作りに使われる小麦粉は主に薄力粉ですよね。それが、アメリカではオールパーパスと呼ばれる中力粉が一般的です。先週は2回、同じレシピでパイを焼いたのですが、2回目は薄力粉を切らしてしまい、仕方なく中力粉を使いました。すると、見た目は同じように出来上がったのですが、やっぱりパイ生地が硬くなってしまい、サックリした食感がありませんでした。日本のレシピにはやっぱり薄力粉でないとダメですね。



夫の実家にも、義姉のうちにも、一袋ずつおすそ分けしたのに、まだまだ、食べきれないくらいのりんごがあります。パイにしたら、あと4個はできそう・・・・・。ま、これは私のパイ作りの練習の機会と思って、せいぜいたくさんパイを焼きます。そのうち、我が家の伝承のレシピが出来上がるかも。。。

それから、涼しくなったらやっぱり編み物がしたくなり、かぎ針編みで何か作ってます。大きめのおつかいトートにでもしようかな、と今のところ考えています。もっと時間があったらいろいろ編みたいものがあるのですが・・・・。涙。



昔、花屋さんになりたいと思っていたことがあって、花生けを6年くらい習っていたことがあるのですが、そのころから雑草を生けるのが好きでした。アメリカでは、日本ほど、「野の花を愛でる」ような文化的な習慣が根付いていません。雑草には除草剤をまいてしまったり、芝刈り機で一気に刈り取ってしまったりするので、雑草はたいていの場合嫌われ者です。うちの夫も雑草に風情を感じるような繊細な美意識(!)を持っていないので、雑草はどんどん取り払われてしまいます。でも、幸い、私の好きなヤマゴボウが数本、庭の隅に残っていました。それを切ってきて台所に生けました。英語ではPokeweed Inkberry と呼ぶそうです。





そうそう、アンティークモールに行きました。そこで買ってきたものを少しご紹介。この分厚い陶器の入れ物は昔の乳製品のパッケージですね。チーズとか、バターをこういうものに入れて売っていたようです。このKaukauna Klubという会社の陶器、この辺ではよく見かけます。ぽってり感が好きで、見つけると買ってしまいます。小さい鉢植えのカバーにしたり、筆立てにしたりして使います。





もうひとつ、これは60年代のアメリカの暮らしを描いた絵本。私も夫も、ミッドセンチュリースタイルの家が好きで、今住んでいる家も60年代に建てられたものです。家具や雑貨もその時代のものを集めています。



この本を買ったのは、ただ好きな時代のものだからというわけではありません。本の中に1964年と記されたスタンプがあり、それが私と夫の生まれた年だったので、思わず購入してしまったのでした。私たちと同い年の本、表紙にはなるほど年季が入っていますねえ(笑)。



中にはあの時代のアメリカの生活を描いた絵がいっぱい。日本では当時、こんな暮らしがみんなの憧れだったでしょうねえ。夫の実家にある古い写真には、似たような風景がたくさん写っています。









昨日の朝、この秋、初の霜が降りました。パティオの鉢植えをそろそろ家の中に入れ始めました。みなさんのところには秋が来てますか?季節の変わり目、体調を崩さないように気をつけましょうね。


スポンサーサイト
その雑草ヤマゴボウって言うんだね。そうやって生けると雑草なんて言っては失礼なくらい素敵。。。だけど茎や葉に猛毒があるとか。。。気をつけて。
リンゴが棚いっぱいで、幸せがあふれているようだわ。。。
おいしそう!!



いもうと | 2010/10/06 18:09
そうそう、毒があるんだよね〜。でもなぜか、「若葉と実が食べられる」と書いてあるウェブサイトもあったよ。そう言われても、ちょっと食べる気にはなれないね。こわっ。
日本に果物が送れればいいのになあ。
hibi | 2010/10/06 20:59
ヤマゴボウって猛毒があるんですか!?知らなかった!ポイズンアイビーがあったり、意外と危険なものが庭にありますよね。

HIBIさんはアンティークのものの目利きですよね。
写真でアップしてもらったりすると、こんなアメリカっぽいものがあるんだな〜と改めて思えます。うちはまだまだ子どもが一緒に行くことを考えると、壊されるんじゃないかと心配で行けません。一人で行けばいいんですけどね。下の子ももうすぐ立ちそうなので、さらに目が離せません。

りんごも本当にいっぱいですね〜。うちもミシガンのアップルオーチャードに行ってたくさん買ってきました。しかし、冷蔵庫にあります。室温保存でいいような気がするんですが??

オールパーパスって中力粉なんですね。オールパーパスでパンを作ったら、うまくできるんでしょうか?いつもブレッドフラワーで作ってました。アップルパイ用の薄力粉ってこちらにはないんですかね。
もりもり | 2010/10/09 19:02
もりもりさん、こんにちは。
Tくんのケガはどうですか?子供の皮膚はびっくりするほど速く回復するので、今頃はだいぶよくなってきたかな。速く治るといいですね。

パンはやっぱり強力粉(ブレッドフラワー)ですね。薄力粉は「ケーキフラワーCake Flour」というのがそうです。私の行くスーパーでは、オールパーパスやブレッドフラワーとは違う棚に置かれています。私が知っているのは袋入りでなくてなぜか箱に入っていますよ。

アンティークモールに子供と一緒に行くのは神経使いますよね。赤ちゃんの時はストローラーに乗せて行ったこともありますが、あとは最近になるまで連れて行ったことがありません。子供を預けられる時間があったら、一人で行くほうがさっさと買い物できていいですよ。いつか一緒に行きましょう!
hibi | 2010/10/09 22:18
COMMENT