手芸家のアメリカ暮らし
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 春よ来い! かぎ針編みのモチーフで作るガーランドの作り方 | main | ムスメとコラボ / Me and my Mom >>
プリンセス・パレス
先週、義母の親友のビビアンおばさんから、ムスメにこのプリンセス・パレスという組み立てキットをいただきました。これが実にタイムリーで、大雪で学校がお休みになった先週は、家の中でやる遊びができて大変助かりました。



このお城、厚紙のパーツを折って、組み立ててできています。表面にはなんと1500枚もの5ミリ四方ほどの小さなシールをモザイクのように貼っています。組み立てるのはけっこうむずかしくて、5歳児にはとてもムリな作業です。でも、子供は親が組み立てるパーツを探したり、どの部品がどこへ行くのかを説明書を見ながら考えたり、というお手伝いができます。ものを作るのが好きな親御さんであれば、家族揃って楽しめる工作です。何もすることのない週末なんかにはうってつけの遊びです。1500枚のシールを貼り付けてデコレーションするのは、思ったより地道で時間のかかる作業でしたが、家族全員でできるし、単純作業って、やり始めると夢中になって、何も考えずに集中するためか、早く出来上がりを見たいという気持ちからなのか分かりませんが、なかなかやめられなくなったりしますよね。このお城を完成させるのに3日、一人につき、延べ3時間くらいは時間をかけたのではないかな。みんなでなんだかんだと言いながら作るのは楽しく、親子でレゴにはまる人が多いのが納得できました。



これもアメリカのほとんどのおもちゃにたがわず中国製ですが、案外、細かいところまでよく考えられてデザインされていました。入り口のドアの下に、大理石風のステップをつけるようになっていたのにはちょっと感心しました。そして、階上のバルコニーには・・・・・・・。



わお!なんてロマンチックなんでしょう。そして、塔のてっぺんのドアの中では・・・・・・。



こんなことが!



壁に絡んだツタには、立体的な紫色の花が咲いています。これもシールです。ハート型の窓もかわいい。



いやあ、思いのほか楽しみました。ビビアンおばさん、ステキなプレゼント、ありがとうございました。

いつか、レゴにも挑戦してみたいな。



スポンサーサイト
COMMENT