手芸家のアメリカ暮らし
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< こどものためのミニボストンバッグ / プリンセス・キャッスル | main | Help Japan Sale in NYC >>
このブログで何ができるか
地震発生以来、このブログに何を書けばよいのか、分からなくてしばらくお休みしてしまいました。幸い、地震発生後、まもなく日本の家族の無事であることがわかり、その後は日常生活を続けながらも、毎日日本の状況をニュースやネットで見守り続けています。被災中の友人に少しでも役に立てるかと、被災地で入りにくい情報を調べて知らせたり、何かできることがあるのか、考え続けていました。どれほどのことができるかわかりませんが、居ても立ってもいられず、とにかくネットショップの売り上げの半分を寄付することにして作品をアップしたりしていました。知り合いのお店に置いてもらおうと、募金箱を作ったりもしました。日本から遠く離れて、ニュースやインターネットで見守ることしかできないことに苛立ちを感じていたのは、日本国内でも被災地から離れて無事でいる人たちと同じだったのかもしれません。

当初は、こんなときに手作りブログを書いている場合ではなく、読者のみなさんも期待していないだろうと思っていて、コメントの有無は気をつけていたものの、アクセス数をチェックすることさえしていませんでした。今朝、久しぶりにふと見てみると、地震発生以来、減っていると思っていたアクセス数が意外にもいつも以上になっていました。もしかしたら、こんなときだからこそ、ものづくりの好きな人たちはブログが更新され、なにかかわいい作品がアップされているのではないかと期待して訪れてくれたのかも知れない、と思いました。本当にそうかどうか、実のところはわかりませんが、それならば、私はいつものように手芸家のアメリカ暮らしをお伝えしていくのが私のできることなのかな、と。

編み物や刺しゅうなど、無心になって黙々と手を動かすことは、日ごろのストレスを和らげ、精神を安定させる効果があると言われます。余震や停電で不安な毎日を過ごしている人が1日に少しでも編み物をしたら、そのときだけでも気分が落ち着くかもしれません。ブログで作品の作り方を読んで、いつか作りたいな、と思っているときは、つかの間楽しい気分になるかもしれません。

そんな些細なことしかできないかもしれません。でも、これからは毎日というわけには行かないかもしれませんが、いつものペースで記事を書いていこうと思います。

被災している地域のことが本当に心配です。1日も早く、物資が届き、安全な暖かい場所で息がつけるようになることを祈りつつ、毎日を過ごしていきたいと思います。これから何年も、日本は大変な時期を乗り越えていかなければなりません。いつまでも、いつも、自分にできることを考えながら生きて行かなければ、と思います。


スポンサーサイト
Tです。
11日の地震では、東京もかなり揺れて、海沿いの地区では特にいろいろ被害もあったようなので、Hibiさんの千葉のご実家はどうだったのかなと気になっていました。
私の会社も早々に業務修了になり、自宅まで歩いて帰りました。(私は3時間強くらいなので、全然大丈夫でした!)
今週は、計画停電と交通機関の混乱が続いていますが、だいぶ平常を取り戻してきています。
私も、こんなときに仕事してる場合なんだろうかと思ったり、今このときにこんな仕事をすることに意味があるんだろうかと思ったりもしましたが、いろいろ考えて、結局のところ、今の自分にできることは募金をすること、そして節電しながらできるだけいつもどおりに仕事をして、冷静に落ち着いて暮らし、何より健康で人に迷惑をかけないでいることかなと思うようになりました。
大局的にみれば、今後、日本経済が停滞したら税収が減ってしまって結局のところ被災地にとっても不利益にしかならないとも思います。

仕事も、いつ誰の役に立つのかはわからないけれど、私のやっている仕事がこの先誰かの心を癒すかもしれないと信じて、今日もいつもどおりに働きます。
週明け、出勤しても仕事が手につかない状況でしたが、ふと思い立ってクロスステッチの刺し方原稿の整理(方眼図に目を落としこんでいく作業)を始めたら、とても心が落ち着きました。やっぱり、規則正しい作業の繰り返しは無心になれて、気持ちを安定させる効果があると思いますよ!
T | 2011/03/17 10:56
Tさん、
Tさんの周りもご無事だったのですね。よかった。
きっと多くの人が私たちと同じような気持ちでいるんですね。みんな同じようなことを考えて、結果、同じように今できることを見つけて前向きにがんばろうとしているのだと思います。くよくよしていても事態が変わるわけじゃない。それなら、今余裕のある私たちが、被災者の分も日本の将来のことを考えて暮らしていくべきですね。コメントいただいて、ほんとにうれしいです。私もこちらで、自分にできることを探しながら前に進んでいこうと思いました。日本はまた寒くなっている様子、体調崩さないよう、気をつけてくださいね。
hibi | 2011/03/18 03:14
COMMENT