手芸家のアメリカ暮らし
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< このブログで何ができるか | main | NYでのチャリティーセールの成果 >>
Help Japan Sale in NYC
オンラインショップを始めてから、私と同じように海外に住んで活動するアーティストやクラフト作家の人たちと、ネットを通じて交流が広がってきました。そんな作家仲間のひとり、ニューヨークに住むバッグデザイナーのあきさんが中心になって、お子さんの学校や日本人のママさんたちと協力して今回の震災の援助のためにチャリティーセールを催してくれました。その行動力と統率力に脱帽しているばかりではいられません。セールは今日19日と、来週の土曜日26日にも予定されているので、微力ながらお手伝いしたいと、急遽アクセサリーを数点作って郵送しました。

作ったものはかぎ針編みで作ったネックレス(ラリエットかな)6点とフェルトのコサージュ8点。ニューヨークに余裕を持って届けるには週末に入る前に発送したかったので、時間が足りず、やっと作れたのがこれだけでした。が、何もしないでいるよりは気分が落ち着き、自分のためになりました。





コサージュは糸も針も使わず簡単にできるもの。時間がない中で、数をたくさん作りたかったのでこの方法を選びました。簡単なわりにとてもかわいいので、今度ぜひ、作り方をご紹介したいと思っています。

ネックレスに使ったのは、ずっと前からお蔵入りしていたダルマのスーピマクロッシェの段染めのレース糸。白をベースにいろんな色が短く染めこまれているので、白い部分をくさり編み、色の部分をピコットにしてみました。


両端には小さな花モチーフをつけています。



首からさげて端をひと結びしてもいいし、二重に巻いてチョーカー風にもできます。手首にぐるぐる巻けばブレスレットにも。



けっこう気に入ったので、セール用の作品を発送したあと、自分用にもう1本作ってしまいました。糸がなくなるまで、もう少し作ってお店にも出そうかな、などと思っています。

ニューヨークでの今日のセールでは、クッキーなどのお菓子とあきさんの作品、同じくニューヨーク在住のMihoさんのポストカードなどのハンドメイド雑貨を販売したそうですが、1日でなんと1300ドルを越える売り上げを達成したそうです!それとは別に、たくさんの方が寄付をしてくださったそう。協力してくださったニューヨーカーの皆さんに、心からお礼を言いたいです。そして、寒い中、震えながらがんばってくれたあきさんはじめ日本人ママの皆さんにも!

来週の土曜日にももう一度セールをやります。そのときには私の作ったものも並ぶことになります。どうか、たくさん売れますように。あきさんのブログにセールのご案内があります。もし、あなたがニューヨークにお住まいでしたら、ぜひお出かけください。ほかのクラフト作家さんたちのステキな作品も並びますよ。

さて、ここからはおまけ。今日、ムスメのお友達の誕生会がありました。そのパーティーのテーマが「カップケーキ」!なんでもいいから、「カップケーカリシャス」な装いをしてきてね、ということだったので、思いついてこんなものを。フェルトで作ったカップケーキをヘアバンドに縫い付けました。スパンコールはクリームの上のカラフルなスプリンクルです。これも簡単で面白いのでいつか作り方を紹介したいですね。



まだまだ深刻な状況にある被災地のみなさんに、一刻も早く必要な物資や仮設住宅が届きますように。ふるさとを離れて避難する方々が避難先で暖かく迎えられ、安心して夜を過ごせますように。引き続きお祈りしたいと思います。





スポンサーサイト
COMMENT