手芸家のアメリカ暮らし
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< NYでのチャリティーセールの成果 | main | Up-Cycling Challenge その2 >>
「Wabi-sabi Saturday」と「Up-cycling Challenge その1」
私のお気に入りヴィンテージショップ、Junk Evolution で、4月9日土曜日にイベントをすることになりました。その名も「Wabi-sabi Saturday (わびさび土曜日)」!日本人の私にはなんだか滑稽に響きますが、イベントの名前としてはキャッチーでいいかな、と思います。このイベントの内容は、といいますと、主には5月の母の日のプレゼントとして、カスタムメイドのバッグを贈りませんか?というもの。私がその日一日お店に居て、お客様からのカスタムオーダーの相談、注文をお受けする、というものです。このイベントのユニークな点は、お客様にバッグを作るための素材を持ち込んでいただく、ということ。思い出の品とか、形見になった衣類など、バッグ作りに使えそうな素材を提供していただき、それを私がバッグやコサージュなどに作り変える、ということです。これはJunk Evolution のオーナーの一人、Char からの提案。この話を聞いたときは、ほんとにいいアイデアだし、1点物をつくる私の作風にもピッタリだと思いました。

「侘び寂び」は、日本人にとってもなかなかよく理解するのは難しい概念ですが、私たちは、シンプルに、「古いものや質素なものの中にも美を見出し、その美を愛でながら使う」というふうに解釈し、このイベントのタイトルにしたわけです。

こちらは、Char が作ってくれたイベントのポスター。



このイベントのために、サンプルのバッグをいくつか作りました。素材はリサイクルショップで買ってきた古着のスカートや赤ちゃんのドレス。



こちらは、Char がもって来てくれた古着のウールの背広。古着ですが、とてもよくできていて、素材は質の良いウールです。



今日は、上の写真にある水玉模様の赤ちゃんのドレスを作り変えたバッグをご紹介します。このプロジェクトを「Up-cycling Challenge その1」と名付けました!











このドレスの色と造りがとてもかわいくて好きだったので、ほとんどもとの形を生かす感じで作りました。ふんわりした感じがかわいくできたと思います。このわびさびイベントに、ちゃんとお客様が来てくれるといいのですが。持ち込まれた素材を使って、どんなバッグを作るか、私にとってはちょっとワクワク、職人心を刺激されるプロジェクトです。その2、3、4のバッグもなるべく早くご紹介しますね。

最後になりましたが、今回の地震の援助のための募金箱を置かせてくれているJunk Evolution と、お隣のCirca Arts Gallery (作品を委託展示販売してもらっています)に、心から感謝したいと思います。

スポンサーサイト
なんと素敵なプロジェクトでしょう!ベビードレスの水玉のバッグも本当に可愛いです。後ろにはボタンがついていて、バッグになる前はドレスだったというのがちゃんと分かります。これって思い出の詰まったドレスをリサイクルしたいと思う持ち主には大事なポイントですよね。hiromiさん、やっぱりすごいです!
チビー | 2011/04/01 00:21
チビーさん、ありがとうございます。チビーさんみたいに思ってくれるお客さんがたくさん来てくれるとうれしいんですけど、どうなることやら。次の投稿も、どうぞ楽しみにしていてくださいね。
hibi | 2011/04/01 09:09
COMMENT