手芸家のアメリカ暮らし
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ヴィンテージ・ソファのリフォーム | main | 師走。仕事のこと、ムスメのこと。 >>
ビーズの花束ブローチ / ふろしきワークショップ
義母からの注文で、ブローチを作りました。クリスマスのプレゼント用の注文ですが、来週のサンクスギビングに南インディアナの親戚を訪ねるときに手渡したい、ということなので、ちょっと早めに仕上げました。



色や形の異なるビーズをたくさん使い、いつものように即興でデザインを作り上げていったのですが、作業が進むにつれ、いろんな種類の花を束ねたブーケのようになりました。きらきらしたビーズの輝きがクリスマス・プレゼントにふさわしいアクセサリーになりました。





ブローチ用のシャワー金具(表面に穴がたくさん開いていて、テグスやワイヤーでビーズを取り付けられる)は日本から持ってきたもの。アメリカで手に入るパーツは品質の上で不満なものが多く、特にブローチなどのピンは先がスムーズでないのか、衣類に刺さりにくいと思います。



ギフト用の小箱のふたに千代紙を張ってお化粧しました。


ところで、急に頼まれて、きのうの夕方にふろしきのワークショップをしてきました。時間があればもっとたくさんのサンプルを準備したかったのですが、多くの人が興味を持って見ていってくれました。みな一様に、1枚の四角い布でいろんなことができることに驚きの表情でした。12月3日にももう一度行うことになっています。次回はもう少し、サイズや柄を変えてふろしきを作っていきたいと思っています。





スポンサーサイト
COMMENT