手芸家のアメリカ暮らし
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ロックミシン・カバー、完成 | main | ミニ・ハートポーチの作り方 >>
ガムドロップとつまようじのモビール
12月のこと、ムスメと夫が、ガムドロップというお菓子とつまようじを使ってピラミッドやダイアモンドや家の形のオブジェを作りながら、算数と幾何学の勉強をしていました。(うちの夫、長年小学校で算数を教えていたので、いつか自分の子供に教えるのが夢だったそうです。夢が叶ってよかったね。)この現代彫刻のようなオブジェ、とてもきれいでかわいいので、捨てるのがもったいなくてしばらくキッチンテーブルの上に置いてありました。先週、それを眺めていたら、モビールにしたら面白そう、と急に思いつきました。それで即行で作ったのがこれなのです。



ガムドロップというのは、グミをちょっと硬くしたようなお菓子。クリスマスのクラフトとして人気のジンジャーブレッド・ハウスによく使われるお菓子です。つまようじは両端がとがっているものを使いました。


テグスを使って、バランスをとりながら、棒状のもの(今回は、ビーズやスパンコールがオイルの中でゆらゆら動く、プラスティックの棒状のおもちゃを使いました)にぶら下げただけ。


ファミリールームの天井からぶら下げています。とっても簡単ですし、子供といっしょに楽しむのにパーフェクトなクラフトだと思いました。見た目にもちょっとモダンでインテリアのアクセントにもなります。日本にはガムドロップみたいなお菓子はあるかなあ?ちいさい消しゴムなんかを代用したら作れるかもしれませんね。

スポンサーサイト
COMMENT