手芸家のアメリカ暮らし
<< March 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< グラニースクエアの花畑 | main | 母の日セール、実施中 >>
ミッドセンチュリーモダン / ダイニングテーブルの再生
去年から、大きくてしっかりしたダイニングセットをずっと探していました。我が家の建築年代とスタイルに合うミッドセンチュリー・モダンの雰囲気のものが欲しかったのですが、新品ではなかなか思うようなデザインのものがなく、ヴィンテージとして売られているものは高価すぎて手が出ませんでした。でも、妥協せず気長に待っていたら、やっとやっと見つけました!4月に入り、またヤードセール、ガレージセールの季節になりましたが、先週の初め、病院に行く途中に出会った小さなヤードセールでこのダイニングセットにめぐり合ったのです。





一見して「これは?間違いなくミッドセンチュリーの匂いがする!デーニッシュデザインにも通ずる洗練さがあるわ。」と目が釘付けに。値段を聞くとたったの50ドルだと言う!すぐにオットに連絡して、仕事帰りに合流。セール最終日だったこともあるのでしょうが、オットの値切りであっという間に半額になってしまったのです。



家に帰って裏側に張ってあるレーベルを調べてみると、これは20世紀初頭から70年代にシカゴにあったKroehlerという、アメリカで2番目に大きかった家具メーカーのものだと言うことがわかりました。どのくらいの値打ちがあるものかわかりませんが、ネットで調べた限りでは、なかなか格好いい家具を作っていたようです。

それにしても、テーブル表面の状態はひどいもの。前の持ち主がビニールのテーブルクロスを長年かけっぱなしにしていたと見えて、ビニールが溶け出したのか、表面にこびりついてしまっています。ペンキやカビのようなシミもあります。が、丹念にヤスリをかけてニスを塗りなおせばすばらしくきれいな木目のテーブルに生まれ変わるに違いありません。


まずはとにかく表面の汚れを落とすためにヤスリがけ。三人でゴシゴシ、がんばりました。


ヤスリがけが完了!


この後、オーガニックのステインを一日一回、かけては乾かし、を5回繰り返して5日後にはこんなにきれいになりました!光ってますね〜!



そしてこれが完成したテーブルの全体像。2枚の天板の間に、3枚の備え付けの板を取り付けると、なんと10人が座れるサイズに伸びます!前のテーブルは4人がけ。きっちりつめても6人しか座れませんでした。10人がゆったり座れるこのテーブルがあれば、お客さんのときも余裕で食卓を囲めます。


今は板を1枚だけ入れて、6人がけにして使っています。ダイニングテーブルは、ご飯を食べるだけでなく、宿題をしたり、刺しゅうや編み物をしたり、お茶を飲んだり、仕事をしたり、と多目的に使う家具で、家族にとってはとても大事な場所のひとつです。ずっと欲しかったものが手に入り、自分たちで直して使えると言うのは本当にうれしいものです。しかも椅子とあわせてたったの25ドル?! 修理したことで、10倍以上の値打ちが出たことは確かだと思います。


あ、椅子のほうはまだ完成していませんが・・・。椅子は、きれいに掃除をして座面をはずし、古い座布とフォームを新しいものに取替える予定。


先日から、この椅子に張る生地を探しているのですが、まだこれ!というものに出会っていません。完成したらまたご紹介したいと思います。


スポンサーサイト
COMMENT