手芸家のアメリカ暮らし
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< インタビュー @ Patchwork Posse | main | ファブリック・マニピュレーション/ベルベットのクラッチバッグ >>
ダブルガーゼのチュニックドレス
夏の日本への帰省中に、このきれいな花柄のダブルガーゼを見つけて購入しました。しばらく仕事部屋の在庫棚に眠っていたのですが、思い立って自分用のチュニックドレスを作りました。ダブルガーゼはとても軽いし柔らかいし、かといって縫いにくいほど薄くなく、肌にも気持ちよくてトップスには最高の素材ですね。敏感肌の方や、もちろん、子供服にもぴったりですよね。



目的もないままに買った生地なので、残念ながら全部をガーゼで作るには丈が足りません。なので、手持ちの布の中から大事にとってあった茶色のヨーロピアン・リネンをあわせてみると、これがガーゼのプリントの中の茶色と同色で、しっくりくるではありませんか。ラッキー!裾のほうにリネンを足して作りました。



使用したパターンでは、襟ぐりと前開きの処理はバイアステープになっていたのですが、もう少しきっちりした仕立てにしたかったので、すこし修正して自分で見返しを作りました。



使ったフリーパターンはこちら



前開きにはヴィンテージの小さなパールボタンをつけました。



写真で見る限り、とてもいい感じにできているのですが、着用してみると、ちょっとスカートのボリュームが多すぎる気がします。スカートを解いてギャザーを減らしてみるか、型紙を修正して新しいのを一から作るか、いまちょっと考え中です。それ以外はとても気に入っています。困ったことに、もっとたくさん、ダブルガーゼの布が欲しくなってしまいました。そしてまた、自分用と娘用にかわいい服を作りたいです。



スポンサーサイト
COMMENT