手芸家のアメリカ暮らし
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 今年最初のプロジェクト | main | 両面ヨーヨーを使った小物 >>
両面ヨーヨーの作り方 / チュートリアル
手芸、クラフト関係のブログやサイトを見ていると、キルトなどの大作からバッグやピンクッションなどの小物まで、ヨーヨーを使った素敵な作品をたくさん見かけます。そういった作品のほとんどは、よく知られた、円形の布を縫い絞ってつくる片面だけにギャザーの寄ったヨーヨーを使っています。今日、作り方をご紹介する両面ヨーヨー(もっと気の利いた名前があるのかも知れません!)はなかなか見かけることがありませんでした。人気がないのか、作るのが面倒だと思われているのか・・・想像ですが、手芸をする人の間で、まだあまり知られていないというだけではないでしょうか。それで今日は、作り方をご紹介して、両面ヨーヨーをもっと知ってもらおうと思いました。両面ヨーヨーは、作り方も面白いし、表、裏、どちらから見てもかわいい姿をしていますので、リバーシブルや表裏のない作品に使えます。たとえば、モビール、カーテン(部屋の間仕切りにもいいですね)、裏地のないブランケットやリバーシブルのバッグなどなど・・・ほかにもいろいろに使えそうです。

表面から見ると、一般的な片面ヨーヨーと同じように見えます。


横から見てみると、両面にギャザーが寄っているのがわかります。


両面同じ形なので、真ん中の穴から向こう側が見えます。




このチュートリアル(作り方)は、直径約4.5cmのヨーヨーの作り方です。写真の中のテキストが英語表記になっています!英語ブログと併用しているため、ご容赦ください。

布を5cm×13.5cmに裁ちます。


布を中表に二つに折り、端から0.3cmのところを細かくぐし縫いします。初めと終わりのひと針はそれぞれ返し縫をしておきます。


縫い代を片側に倒します。


片側の布端0.5cm折ります。


端から0.1cmくらいのところを、約0.5cmの針足でぐし縫いしていきます。


ぐるりと1周したら、最初の縫い目に重ねるように、もうひと針縫います。


糸を引き絞ります。


きっちりと絞って玉留めします。これで片側が出来上がりました。


表に返すと、こんな感じです。もっと細かい針目でギャザーを寄せると、中央の穴が大きくなり、ヨーヨーのサイズも大きくなります。穴を小さくしたい場合は0.5cmくらいがいいようです。




残ったほうの布端を0.5cm内側に折ります。


ァ銑┐陵徇里任阿桂イい念き絞り、ギャザーを寄せます。


これで両面ヨーヨーの完成です!どうでしょう。簡単にできるでしょう?


来週中に、この両面ヨーヨーを使った作品例をご紹介したいと思っています。何か作ってみたいと思われた方は、それまでにいくつかヨーヨーを作ってみてはいかがでしょう。作品例を参考に、すぐにも作品作りに取り掛かれますよ。


興味を持っていただけたかな?ぜひとも皆さんに作ってみていただきたいです。
Happy Yo-Yo making!
では、また次回。
スポンサーサイト
両面ヨーヨーの作りかたレシピ、とても参考になりました!ありがとうございます。

私も、ヨーヨーといえば片面ギャザーのものしか作ったことがなかたので(しかも某日系メーカーの〇〇〇〇メーカーを使用して作ることがほとんどです)今回教えていただいた両面ギャザーのものはとても新鮮で機能的ですね!
amy | 2013/01/20 13:38
COMMENT