手芸家のアメリカ暮らし
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< レッスンバッグ | main | ニードルフェルトのリボン型ブローチ(または蝶ネクタイ) >>
任務終了!? 2月を振り返って。
長らくブログからご無沙汰していましたが、ムスメの子供ミュージカルの公演が終わり、やっといつもの生活パターンに戻ってきました。ひと段落して深呼吸。ミュージカルのリハーサルや舞台裏での仕事はとても楽しかったのですが、久しぶりに日常に戻ってみるとやはりホッとしますね。そんなバタバタの2月を、今日は少しだけ振り返ってみたいと思います。

この舞台はムスメにとっては、ミュージカル初舞台。20代に舞台関連の仕事をしていた私にとってはちょっと感慨深いイベントでした。オットも大学で演劇を専攻していたこともあり、家族揃って楽しみました。一般からのオーディションで編成されたキャストですが、年齢を問わず(7歳〜18歳くらい)実に才能にあふれた子供がたくさんいるのには驚きました。市民劇場とは思えぬ完成度でした。頼りがいのあるスタッフをはじめ、多くの父兄がボランティアとして働きました。40回のリハーサルと5日間で8回の公演をこなした子供たち。ムスメは毎晩、リハが終わると疲れきってはいましたが、毎日楽しく練習していたようです。この体験から、知らず知らずにいろんなことを学んでくれたと思っています。


演目は「ディズニー・リトルマーメイド・ジュニア」。ムスメの役は、悪い魔女ウルスラの手下。悪役です!8人の「Tentacles / 触手」のうちの一人でした。上の写真では左から2番目。Tentacles 全員の髪のセットは私がしました。当初、それぞれ好きな髪形をしていたのですが、演出家がNina の髪型を気に入って、全員統一することになったのでした。そもそも、Nina がやりたい髪型を絵に描いて、それを私が形にしました。子供のアイデアはバカにできません。


悪役になりきって?邪悪な Tentacle を演じました!


終演後はもとの7歳の女の子にもどって、いただいたお花とぬいぐるみを持ってパチリ!


ウン十年ぶりに、衣装制作を手伝いました。魚の衣装を7着くらい縫いましたよ。



マーメイド関連以外では、2本目のムスメのズボンを仕上げました。1本目と同じデザインですが、フラップとウエストバンドのプリントは違うものを使いました。


地元のショップに置いてもらうため、バレンタイン用のコインパース、ポーチなどを作りました。


かぎ針で編んだ、ハート型の葉っぱの赤い四葉のクローバーをアップリケしました。


かぎ針編みのハートのキーホルダー。



黒いかぎ針編みプロジェクトはいまだ進行中。早く仕上げたい。


もう3月とは、信じられません!が、春が着実に近づいているということでもありますね。 あ、もうすぐひな祭り!お雛様を出してあげなくては!

今日も読んでくださってありがとうございました。皆さんのところに早く春が来ますように。

スポンサーサイト
COMMENT