手芸家のアメリカ暮らし
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 十字花刺し | main | ルーム・ニッティング >>
あづま袋 ソーイング ワークショップ
 先週の水曜日、地元のヴィンテージ・ショップ、Junk Evolution にて、ピローケース(枕カバー)を使ってあづま袋を作る、というソーイングワークショップを行いました。とてもお天気がよく、参加者のみなさんとともに楽しいひと時を過ごしました。このイベントを企画してくれた Junk Evolution の Char と Linda、真剣に、楽しくプロジェクトに取り組んでくださった参加者のみなさんに感謝です。

見本として、いろんなバリエーションのあづま袋を作っていきました。すべてリバーシブルになっています。二重に仕立てているのに縫うのは全部直線で縫う距離も短いんですよ。下の写真のバッグは、鮮やかな配色のヴィンテージ花柄に春らしいギンガムチェックの組み合わせ。編み物のプロジェクトを入れるのにちょうどいい形ととサイズです。


こちらはやはりヴィンテージの花柄。やわらかい配色が春らしいです。裏地はストライプ。


ワークショップに必要なものを車に積んで出かけます。ミシン2台にアイロン、アイロン台、その他もろもろ、準備完了。


全部で4台のミシンを準備しました。2台は CharとLindaが貸してくれました。それぞれ、違う年代生まれのミシン。私のは20年ものと推定10年もの。Lindaのが一番新しくて唯一のコンピューター制御のミシンでした。一番古いのがCharのおばあさまが使っていたと言うヴィンテージ物。見た目もかっこよく、パワフルな一台で、今でもバッチリ仕事をしてくれてすごいです。

みなさん、真剣に取り組んでいます。ミシンが初めて、と言う人もいましたがみなさん、なかなかの腕前でした。


ヴィンテージやリサイクル、リメイク家具や雑貨がいっぱいの素敵な店内でソーイング。

嬉しいことに、全員が2時間ほどでバッグを完成できました。ここからは自作のバックとともに撮った生徒さんたちのポートレートです。

シャビー・シークな花柄がすてき。ポーズも決まってますね。


想像していなかったゼブラ柄のピローケースを持ってきてくださいました。白黒とピンクの組み合わせが、すごくモダンでスタイリッシュだと思います。おしゃれ。


紫色のギンガムに同系色の淡い花柄。春らしいバッグになっています。

バリエーションのサンプルをもう少し。これは表布に2色の布を組み合わせたもの。こちらはピローケースではなく、手持ちのヴィンテージ布を使っています。かわいいでしょう?


裏側はこんなかんじ。同じバッグとは思えませんよね。リバーシブルで2倍楽しめます!


こちらも2色の布を使って配置を変えて縫ったものです。水玉は極薄のヴィンテージのワンピースでした。クールで洗練された雰囲気のバッグになりました。裏は同系色の小花柄です。





みなさん、ほんとに上手に作ってくれました!布の選び方で同じバッグがまったく違う雰囲気になりますね。もっといろいろ作りたくなりました。


ところで、背景の紫色の壁と再生されたキャビネット、素敵だと思いませんか?壁は毎月変わるテーマに合わせて塗り替えられるんですよ。いつもセンスの良さと豊富なアイデアで私を驚かせてくれる素敵なお店です。

やっと少しだけ春めいてきたサウスベンドです。自作のバッグを春のファッションに合わせて楽しんでいただけるといいな、と思います。

スポンサーサイト
COMMENT