手芸家のアメリカ暮らし
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< HAPPY 500!! 記念プレゼント! | main | HAPPY500!! 記念プレゼント、当選者発表 >>
刺しゅうとアップリケ
先週から作っていた刺しゅうとアップリケのプロジェクトをふたつご紹介します。この2作品、色合いも雰囲気もまったく違うのですが、実は共通の隠れテーマが・・・。なんだか分かりますか?

この水玉模様の生地、何度も登場してるのでご記憶の方も多いと思います。このハーフリネンの水玉(有輪商店)が数年来のお気に入りで、日本に行くたびにチャンスがあれば買って帰ります。今回は水玉を活用し、周りを囲むようにステッチして花を刺しゅうしています。これはアメリカではお馴染みの「Chicken Scratch (チキンスクラッチ)」という主にギンガムチェックをベースに使う刺しゅうの技法に似ています。




次のプロジェクトはアップリケとビーズ刺しゅうを組み合わせたもの。アップリケって、やっていてほんとうに楽しくて、大好きな手芸です。アップリケをしているときは、まるで子供のころのお絵かきのような感覚なのです。今でも時々、娘と一緒にお絵かきしたり塗り絵をしたりしますが、私のほうが夢中になって時を忘れてしまうほどなので、アップリケも一度始めるとあっという間に時間が過ぎてしまっていることがよくあります。土台の布はリサイクルショップで見つけた上等なコートから取ったウールです。ビーズ刺しゅうも大好きですが、どんどん進むアップリケと比べると、たいていはずっと時間がかかります。この作品ではあまりたくさんビーズやスパンコールは使わず、単純なデザインにしたのでさほど時間はかかりませんでした。





もう気づかれたでしょう?隠しテーマ。それは「ドット(水玉、円)」。本当を言うと、最初からそのテーマでデザインしたわけでなく、このブログ記事のタイトルを考えるときになって初めて思いついた「後付け」のテーマだったのでした!べろ

このところ作っている作品は主に販売用のものです。できればオンラインショップを近々再開したいと思っています。それに加え、そろそろクリスマス向けの委託販売用のものも揃えなくてはなりません。頭の中には作りたいデザインがたくさん詰まっているのですが、問題は制作する時間をどう捻出するか、です。分刻みのスケジュールで、どうにかよりたくさんの作品を作れるようがんばらなくては。皆さんは何を作っていますか?

今日も読んでくださってありがとうございます。先日お知らせした「HAPPY 500!!」プレゼントのご応募もぜひお忘れなく!今週末も日本は大型台風の到来で心配です。どうか気をつけて安全にお過ごしください。
 
スポンサーサイト
COMMENT