手芸家のアメリカ暮らし
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 着物地を使って、和のトートバッグ | main | 手作りの贈り物 >>
繊細+洗練
こちらは未だ2014年の大晦日ですが、日本はもう明けましたね。
謹賀新年、明けましておめでとうございます。2004年に旧ホームページでウェブ日記を始めて以来、早10年となりました。2014年にはより多くの皆様に拙ブログを読んでいただき、うれしい1年でした。今後も、自分のペースを守りつつ、やりたいこと、作りたいものにどんどんチャレンジしていきたいと思っています。楽しいアイデアや面白い出来事などを皆さんと一緒に楽しんでいけたらな、と思っていますので、引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、長らくお待たせしていましたが、12月の委託販売のために作ったアクセサリーの画像をご紹介します。嬉しいことに、今年のホリデー・セールでは刺しゅうのハンドバッグなどの売れ行きがとても良かったのです。最終的なセールスの結果はいただいていないのですが、今日ご紹介するアクセサリーたちの多くも嫁入りしてくれていればいいなあ。

今年のクリスマス向けには、刺しゅう糸などでマクラメの手法を使ったブレスレットをたくさん作りました。細い糸と小さなビーズ類やヴィンテージのボタンなどを組み合わせたら、とても繊細で洗練されたイメージになりました。






下のレース編みモチーフのネックレスは今シーズンのものではないのですが、雪の結晶やフロスティーカラーの小花などがクリスマスらしいので今年も出しました。


フェルトのブローチ類は早々に売れてしまいました。どんな方が使ってくださっているのかしら。


ハロウィーンから11月上旬にかけて大雪が降ったのですが、それ以降すっかり暖かくなってしまい、珍しく(私がアメリカに住み始めて確か2度目)雪のないクリスマスでした。そしてその後も。昨日からまた最高気温が零下の寒さになりました。これで例年並みかな。新年最初の日曜日には雪の予報。去年のような長〜い冬にならなければいいのですが。それでは、みなさま、よいお正月をお過ごしくださいね。

 
スポンサーサイト
COMMENT