手芸家のアメリカ暮らし
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 繊細+洗練 | main | カクレたハート >>
手作りの贈り物
2014年はサンクス・ギビングが11月の最終週だったのと、12月前半はムスメのバレエ公演の衣装の準備をお手伝いしていたりしたのでクリスマスの贈り物の準備が大幅に遅れてしまいました。気づいたら明日から冬休み、という状態でいつも親子で作っている担任の先生やバスの運転士さんへのプレゼントは間に合いませんでした。かろうじてバレエの先生への贈り物は年内最後のレッスンまでに間に合いましたが、ほかにお世話になった私の友人二人にどうしてもバッグを作って贈りたかったのが、結局年を越してしまいましたが完成し、やっと昨日渡すことが出来ました。

ひとつは和布の端切れをメインにはぎ合わせたパッチワークのハンドバッグ。チェーンの持ち手、がま口仕立てで少しよそ行きの雰囲気にしました。前に作って売れてしまった和布パッチのポシェットが彼女の好みだったことを知っていたので、そのあまり布を組み合わせて使ったところ、とても喜んでもらえました。



もうひとつは古い編みこみセーターをフェルト化した生地を使ったバッグです。アルミパイプでできたバネ式の口金と革の持ち手を使っています。表布がかなりの厚地なのでしっかり強度のあるバッグになりました。口が大きく開くのでものがたくさん入ります。環境に優しい暮らし方を大切にしている人で、古いものを大切に再利用したり、センスよくアップサイクルするのがとても上手。そんな彼女にはこのセーターのアップサイクル(アップ↑してると自負!!)バッグを喜んでもらえると思います。(実は直接手渡しできず、人づてに渡してもらったのでまだ感想を伺っていないのです。)



さて、ここからはムスメとのコラボ。このふたつのポーチはバレエの先生方に差し上げたもので、イニシャルのクロスステッチをムスメが刺しました。なんとこれがムスメにとって初めてのクロスステッチでした。初めてにしては上手に出来ています、よね?





そして最後は、ピアノと歌を教えていただいている先生への贈り物。かわいい黒猫を飼っていらっしゃるので、ネコのクリスマスツリー・オーナメントを作りました。

ムスメがデザインした猫の顔(右)を私がフェルトに刺しゅうしました。もちろん、とっても喜んでいただけましたよ。


できれば全てのプレゼントを手作りできたら、と思いますが、限られた時間の中ではなかなか。。。それでも毎年いくつかは手作りしたいと思っています。特にムスメと一緒に作って、手作りの贈り物の良さを知ってもらいたいな、と思います。しかしながら、手作りの贈り物であまり好みでないものをいただく(差し上げてしまう)のは気まずいものですよね。それだけに、先方が好きなものをあなたがよく知っている場合に限るのがよいかもしれません。みなさんは何か贈り物を手作りされたことはありますか?




今日も読んでくださってありがとうございます。素敵な週末をお過ごしください。
スポンサーサイト
COMMENT