手芸家のアメリカ暮らし
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< カクれたハート | main | ニッティング >>
カクれたハート
カクれたハートシリーズ、最後はこのバッグです。このバッグは少し大きめの刺しゅうのデザインに合わせてサイズもほかの2点と比べて少し大きめ。最初の写真では分かりにくいと思いますが、上品なウール地に刺した刺しゅうのデザインは、不思議な植物のつると小花と葉っぱがハートを形作っています。細いウール刺しゅう糸とスパンコールとビーズの一色刺しゅうです。
















これでバレンタインをテーマにした今年の作品はおしまい。三種三様のデザインのバッグを作るのは楽しい作業でした。どれも確実に一点もの。長めのチェーンを斜めがけにして持つと機能的、なおかつ個性的でおしゃれです。一見、エレガントなイメージのがま口型バッグをカジュアルな斜めがけにするというのが目を引きそう。着用写真がなくてごめんなさい!チャンスがあれば写真を撮ってご紹介しますね。(売り切れて写真を撮るチャンスがないほうがありがたいけど!)

がま口型のバッグって、私世代にはレトロなイメージですけど最近また人気が出てきているような気がします。私が最初に見たがま口の思い出っていうと、祖母が持っていたがま口のお財布でした。確かビーズ編みのお財布でした。玉虫色のビーズで出来ていたのを、なぜだか今でも鮮明に憶えています。孫の私たちにお小遣いだといって、節くれ立った手でそのお財布から小銭を出して渡してくれました。どうしてそんなことを今でも色鮮やかに思い出すのか、よくわかりませんが、遠く離れて暮らしていたために(東京と福島は当時はずっと遠かったのですよ・・・)数年に一度しか会えない祖父母、私がまだ中学生のうちに亡くなった祖父母についての思い出は、今でもとても大切なものなのは確かです。

さて、今日から明日にかけては大雪注意報が出て、すでに20cm以上積もっています。まだまだ雪の勢いは止まりそうになく、明日は市内の学校はすべて休校が決まりました。風は予想されたほど強くはありません(今のところ、ですが)。1年に1,2回のことなら、たくさん雪が降るのは苦痛ではありません。停電したり、事故が起きたり、超低温になったりしなければ、の話ですが。真っ白になった外の眺めはすごくきれいです。

今日も読んでくださってありがとうございました。

スポンサーサイト
COMMENT