手芸家のアメリカ暮らし
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 卒業式 | main | 草食じゃなかったっけ? >>
Does he really suit our place?
パンダ

椅子がほしいんでしょうか?Ninaは最近、やたらと何にでもすわりたがるんです。クッションはもちろん、ブロックの入った箱、ボール(バランスボールみたいにしてる)、ぬいぐるみは手当たり次第なので、中の綿もすっかりへたってしまってかわいそう。とてもかわいいアンティークのロッキングチェアがあるにはあるのですが、まだちょっと危なっかしくてクローゼットに仕舞ったまま。安全でかわいい椅子がないかと買物ついでに探すのですがまだ見つからず、ミルクの空き缶でも使って作ってあげようかと考えはじめたところ、今日立ち寄ったガレージセールで夫がこれを見つけてしまったのです・・・。「パンダの空気椅子!」たたまれてパッケージに入っているのを見たときはこの1/4サイズを想像していたのに、膨らましてみたら!!!1ドルとはいえ、こんなに大きいと知っていたら私は絶対に買わなかった・・・。
夫曰く、「パンダはモノトーンだから我が家のシックなリビングにマッチしてる、はっはっは。」言われてみれば、にくきゅうの色がFlotottoの椅子のウールの色と同じような・・・って、なに言ってるのわたし!!!

それにしてもこのパンダ、かわいいんだか怖いんだか、気持ちいいんだか気持ち悪いんだか?実に微妙です。でもやっぱり夜中に見たら怖いよね。
スポンサーサイト
「パンダはモノトーンだから我が家のシックなリビングにマッチしてる、はっはっは。」ってTim、完全に浮いてるよ・・・。(-_-;)
kuta | 2006/08/12 13:32
COMMENT









Trackback URL
http://hibilabo.jugem.jp/trackback/82
TRACKBACK